++ もち日記 ++


この日記の文章・イラストの無断転載・二次使用はご遠慮ください。

drawr放置中。
HOME最新の日記へタイトル一覧検索
過去ログ 2005年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 

2008年07月28日(月)  暑いですねぇ。
080721.png 525×534 34K
もう夏ですね!つうかあちこちで大雨とか言ってるのに東京は雨降らないよ!降ってもちょびっとだよ!
たまにはクールダウンするくらい降ってくれよ!!
…という思いを絵にして見ました。(ちょっとだけ本当)
しかし透け布もそうですが、塗れた髪の表現は難しいよね!


前回のドラ×時かけの絵が、pixivで2日連続でランクインしました!わ〜いヽ(´―`)ノ
でもよりによって絵的にはあんなに時間のかけてない、ネタ一発のがねぇ…。ちょい複雑w
まあ、私の実力というより題材のメジャーさとタイミングの勝利だったと言うことでしょうねぇ。

あと、どうやらその絵が「朝目新聞」さんに紹介されたらしいです!こっちもわ〜いヽ(´―`)ノ
まさかあそこにピックアップされる日が来るとは思わなかったのでドキバクですよ(*゚∀゚)=3



話は変わって、前回本の話のときに描き忘れましたが、ここの所(といっても数ヶ月規模ですが)何人かの方々から
『みつどもえ!』をお勧めいただいてたので、ちょっと読んでみようかしらんという気分だったんですが、
どこに言ってもないです(´-ω-`)
正確には、一巻は手に入ったんですが二巻がどこにもありません。
吉祥寺の本屋3件回ったんですが、ルーエと啓文堂は全滅で、トラのあなはなぜか2巻だけありませんでした(´・ω・`)
でもなんとなく店員さんに聞くのも照れくさかったもんで…。

吉祥寺だったんで、近くのブコフにも行ったんですが、ありませんでした。
チャンピオン系の単行本は不遇な扱いをうけてますねぇ。それとも私が縁が無さ過ぎるだけなのか。



●週末のあにめさん。

・今週のバーディ
バーディの上司は若本さんかぁ。最近出すぎだなぁ。まあこれはこれで合ってるからいいけど。
しかし「リュンカ」と呼ばれるもの、思ってた以上にやばそうですね。というかあんなやばいものの捜査を、どう見ても
冷静でなく「捜査員として」有能とも思えないバーディーに一任するってのはどうなんだろう…?



・今週のプリ555。
先週まであんだけ屈折してたシロップが、なんかえらく青春しててほほえましい(´∀`)夏ですなぁ。
買い物のシーンでは、久しぶりに炎&水コンビの突っ張りあいも見れてニヤニヤ。

敵の新キャラがどうも『マシュマロ通信』のバンドとか、もしくはバナナマンとか、あくの強いものばかり思い出しますw
あと背の高い方は『マクロスF』のおかま操舵手にも似てますね。

来週予告、そういやプリキュアって今までローカルな場所でしか戦ったこと無かったんだなぁ。
今まで見られないシチュエーションが楽しみです(´ω`)



・今週のマイメロ。
本編はわりとどうでもいいけど、次回予告のウサミミ仮面ってなんだ?
『きらら』は従来のシリーズより過去の話じゃなかったっけ?
従来のシリーズを一回リセットしたんじゃないのかなぁ。中途半端に引きずると、また真菜ちゃんへの未練が…(;´д⊂)



・今週のギアス。
私の頭が悪いせいか、すっかりお話の内容がよくわかんなくなってきました。
第一部のときはそんなこと無かったんだけどなぁ…。
なんで、感想箇条書き。

・C.C、すっかり原始人扱い。元に戻るのか?あれ。
・カレンのウザクへのスーパーコンボ炸裂。タコ殴りすぎて笑ったw
・超合衆国…。名前がものすごく頭悪そう過ぎww
 しかしこのままでは、全面戦争っすか…。
・外から痛いのは、中から痛いのより平気ってのは、なまなましいなぁ。



今週のヤッターマン。
やっぱルー大柴は、自由にしゃべらせないとダメなんだなぁ…。
いわゆる「ルー語」をしゃべってるのに、ぜんぜんのびのびとしてない。アテレコ慣れてないんじゃあたりまえか…。
まあ今回は、アイちゃんの水着が拝めただけでよしとしよう。ちゃんとひんぬーだったし(人´∀`)




●Web拍手コメのお返事〜ヽ(´―`)ノ

27日
>督趨遁覗案
(´・ω・`)???

>マクロスF、たしかにブレラは変態さんですね。露出っ子。ゼントラ演歌歌手の顔がまんま鬼だった。
水着を着る前の女性のような苦労がありそうですw

>料理をするタモさん、ジャングルテレビを思い出しました。毎週作ってましたから。
そういやそんな番組もありましたねぇ。でも今回は酒を飲みながら料理をしてたので余計に楽しそうでした。

>マイメロさん、Aパートが終わる前に寝てしまいました。アニメ誌でウサミミが何たらって書いてあったのにー
ウサミミは来週らしいですよ〜?

>ミルクは大きっらいだったのにくるみはなぜかツボなキャラなんです…なぜだ…
私はいまだにミルクとくるみが同キャラに見えなくて困っています(´・ω・`)

2008年07月26日(土)  微妙にぽんにょり。
さっそく『崖の上のポニョ』を見てきました。
※以下の文章はミクシで書いたレビューと日記を再編集したものです。念のため。

個人的に宮崎アニメはオリンピックみたいなもので、どんなにつまんなそうに見えても、
「まあ数年に一度の祭りだから」って感じでつい見てしまいます。我ながら酷い言い方だなw

「どんなにつまんなそうに見えても」と書きましたが、これも個人的な印象ですが、『もののけ姫』あたりからどうも
視聴後感がスッキリしないといいますか、素直に誉めるにはどうもいろいろとひっかかる感じになってきてまして、
とくに『ハウル』は酷いとすら感じました。
それでもつい見てしまうのは、そのお話の酷さをうっかり忘れてしまうくらいの映像の力もまた感じてしまうからなんですけどね。
相殺すると並みの映画よりははるかに楽しめますし。

映像はさすがジブリといったところ。
基本手書きアニメでもまだCGじゃ出来ないことを表現できるんだなあと、映像オタク的に大満足。
美しく、そしてちょっと怖い海とその生物の動きを堪能出来ました。
背景も基本的に美しいパステル画で、まさに「動く絵本」といった感じ。

そんな感じで映像面ではほぼ満足でしたが、内容はというと…。
一言でいえば中途半端。
「動く絵本」として小さい子ターゲットにするにしては余計な小理屈が多く、逆にちゃんと鑑賞しようとすると、
それらの小理屈が投げっ放しなのがめだちます。
感じとしては『千と千尋』でも感じた、
「え、そんなんで終わりでいいの?」
といった視聴後感でした。
魔法とか人間の世界がどうのとか、基本的に要らないような…。
映画の舞台に住み人々も、あんだけ大事になってるのに無事なはずは無く、目に見える範囲の人々が幸せなら
それでいいの?ってのがどうしても気になって。
特にあの養老院の人たちが意味もなく歩けるようになる件は、ちょっと気味悪かったです。
つか、あそこで一番まともな反応してたのって、あの意地悪扱いされてた婆ちゃんじゃね?

できれば『トトロ』のように、意味のないひっかかる部分を極力排した素直なつくりになっていれば言うことなしだったんですが。
『トトロ』では最終的にだれも不幸になってませんしね。
まあそれでもさすがに宮崎作品だけあって、動きの面白さや映像美、そして一部のキャラのおもしろさで退屈はしません。
だから
「もう一度あの絵を見たい」
とは思っても、
「もう一度あの話を楽しみたい」
とは思わないです。



あと、ちと細かい話。
まずはネタバレにならない部分から。

私が劇場用子供アニメを判断する基準のひとつに「劇場内の子供の雰囲気」があります。
本来のお客様の反応も見ずに大人の感覚だけで言及しても、あまり意味のないものになりそうですし。
なので、子供向け作品(といってもだいたいジブリかピクサー作品ですけど)は、なるべく劇場で見ることにしています。

で、『ぽにょ』における劇場内の子供の反応。
子供映画でよくある「退屈に耐えられなくて騒ぎ出す子供」はいませんでした。
でも、やはり子供映画でよくある「興奮のあまり騒ぎ出す子供」もいませんでした。
笑い声もはしゃぎ声もあまりない、実に静かな劇場内でした。
終わって劇場をたつときも、静かに「おもしろかったね」と微笑む子はいても、盛り上がってはしゃいでるような子供は見られず。

これをどう捕らえるかは人それぞれでしょうが、私はこの映画が
「子供が退屈しない程度にひきつける映像の面白さを持つと同時に、子供が興奮できるほどの特別さを合わせ持ってはいない」
んじゃないかなぁと思いました。


以下、微妙にネタバレがあると思いますので、これから見るって方はご注意ください。

もうCMとかでも出てるので皆さんご存知でしょうが、ぽにょは人面魚から人間になる過程で鳥みたいなきもちわるい形態になります。
とくに脚が鳥型になるので気のせいじゃないと思います。
これがまあ見事なまでに可愛くないんですが、それにしてもなんで魚と人の間に「鳥」を挟んだんだろうなぁ?と
最初思ったんですが、これって要するに進化の過程なんですね。
だとすると、宮崎駿って人物はずいぶん現実的な人なんだなぁと、可笑しくなりました。
まあ、「とかげ」をはさまないだけまだマシですけど。
アニメーションの魅力の一つである「可変性」には余り執着が無いと思われます。
いや、『もののけ姫』のころにはまだそれを感じたので、そういう感覚が徐々になくなってきてるだけかも知れませんが。

ここで思い出すのが、巨匠手塚治虫のメタモルフォーゼに対する病的なこだわり。
漫画好きで特に手塚治虫についてそこそこ知ってる人ならご存知でしょうが、手塚さんはあるものから別のものに
変化することに異常なこだわりを持っていました。
とあるインタビューの中で
「メタモルフォーゼの過程を描くことにこそ絵描きとしての喜びがあり最初からそれを追求している」
てなことをおっしゃってるくらいで。
で、ご存知の方はもうお分かりだと思いますが、また彼の描くメタモルフォーゼは

妙にエロ〜い

ことが多いんですよねw 一番わかりやすいのが『不思議なメルモ』。
あと『W3』のボッコ隊長なんかもそうとうヤバいです。
もう「好き」とか「喜び」とか以前に「カタルシス」とか「エクスタシー」の域まで行ってますよ。


そんな日本漫画・アニメ界の重鎮が愛したアニメにおけるメタモルフォーゼを、宮崎氏は残酷なまでに夢や希望をそぎ落として、
冷静かつ科学的でドライな扱いをしたと思うと、
なんか可笑しくてしょうがないといいますか、この二人は絶対に作品作り(特に動画演出)で相容れないだろうなぁと思ったりしました。


(´-`)。oO(幼女趣味があるってことでは相通ずるものを感じるんですけどね…。




●最近のTV。


・今週のRD。
('A`)録画失敗した。
なんか今週の話は、よそ様の感想見るとおもしろかったっぽいなぁ。しょんぼり。


・今週のマクロスF。
「あなたのお買い上げのCDには、特典として害虫除去の効果があります。」
と、そんな感じのした今回でした。ランカちゃんには気の毒だけど。
作品上の扱いとしては「ミンメイ・アタック」以上のものとしたいのだろうけど、どうも「無視の苦手な音波の出る機械」
という扱いにしか見えないんだよなぁ。
どうでもいいけどブレラさん、そりゃあ授業中に全身タイツ風で胸からへそ下5センチまで見せ付けてる変質者がいたら、
キモ過ぎて授業にならんじゃろうから自重してくれ。

今回はオズマさんの妹思いっぷりにちとしんみり。
しかし、親代わりというか保護者の承諾も無く人の人生を決定できるって、この世界の大統領権限おそろしすぎ。

しかし、回を重ねるごとに寂しい状況に追いやられていくシェリルさん哀れ。
最初はそんなに興味が無かったけど、だんだん好感を持つようになってきたキャラだけに、この扱いは見ててきついなぁ。



・今週のタモリ倶楽部。
やっぱ料理作ってるタモさんかっこよすぎ。

ひとこと
  • 通りすがり - 2008/07/27 23:27 
  • アレは鳥じゃなくてカエルだと思いますよ。

    魚と人間の間に両生類を挟んだんですね。

    個人的にはアレはアレで可愛いと思いますがw

  • もきち(餅きん) - 2008/07/29 00:38 
  • ああ、たしかにカエルっぽくもありますね。
    鳥は進化の過程では、トカゲから哺乳類と分派してますしねぇ。
    でもあの足はカエルというより鳥だと思うんですけどねぇ…。まあ、どっちでもいいけどw


2008年07月23日(水)  時をかけるな。
080722.jpg 500×400 85K
先週は『時をかける少女』地上波初オンエアだったわけですが、劇場で見た上に限定版DVDも買ったので、個人的に
はいまさらなネタなんですが、オンエア後にpixivで『時かけ』絵をよく見るようになったので便乗してみましたw



●最近買った本の話。
私もようやく『さよなら絶望先生』の14巻を買ってきましたヽ(゚∀゚)ノわーい。
『絶望先生』はマガジンでも読んでるんですが、単行本でしか見られない特典が多いのでワクワクしますね(´∀`)
今回は誌上でもちょこちょこやってた小○館訴訟ネタがいろいろと追加されていて、不謹慎ながらえらく面白かったですw
久米田先生ご自身の今までのいろんなことも垣間見られて感慨深いというか、サ○デー怖いというか…。
そんな愛されて50周年!(よくわからんまとめ)

『絶望』といっしょに、拍手コメントで教えていただいた『パソ犬モニ太』も買って来ました。情報ありがとうございます〜ヽ(´―`)ノ
読売新聞連載ということなんでどれだけ押さえて描いてると思ったら、露骨な下ネタがないって以外はいつものなをさんで
びっくりしたというか安心したといいますか…w や、おもしろかったですよ。メモリちゃんと生徒会長萌えです。


ついでに最近買った本のことを書きますと、一部で話題の『少女マテリアル』買いました。とらのあなで特典冊子が
付くという事なので、最近出来た吉祥寺のとらにGo!近くに出来て初めてよかったと思いました。
なぜかおまけにエロゲーをくれたんですが、とらってそういう店なんですか?(普段はあまり利用してない)
同時期に『えの素』の完全版(上)がでてたので、一緒に購入。

『少女〜』は、あちこちで噂を聞いたとおり、上手いし読めるんだけど実用的じゃないって感じでした。
まあこっちは実用的じゃなくてもいいんですが、だったらいっそエロやめて普通にお話読ませて欲しいなぁと思わなくもないです。
エロをさげずん出るんじゃなくて、この人の場合はエロじゃないほうがいいんじゃないかなぁって漠然と思うだけなんですけどね。
前に『かみちゅ!』のコミカライズ版を見てるだけに、余計そう思いました。

『えの素』完全版は、完全版ということなのでカラーページは全部カラーで載ってるのかなぁと思ったらそうでもなかったので
ちょっと残念。でも読んだ記憶がない話が一つあったかなぁ。(記憶違いかも)
『えの素』は「ネタとしてのエログロ」が苦手でないお笑い好きな方にはお勧めですよ〜。名作です。



●どうでもいい話。
2Dエロ絵の世界では、いわゆる「前貼り」はマイナーながらも一ジャンルとして確立してると思います。
で、こないだ見ていた『シンボルず』(みうらじゅんがいろんな変なものを取材する深夜番組)でこんなのが。

…(;´A`)
これはどうなんでしょ?シーストリングビキニって…。

前貼りは2Dだからまあ収まりがよくいい感じに見えますが(ボディペインティングみやたいなものだし)、
でも実際こうやっちゃうとなんかキツいなぁ…。
おぱんぽんはともかく、ぜったい尻の穴のしわとか見えそう出しw

つか、落ちないのかな、これ。落ちないにしてもずれるだろうし。
あと付け心地は?変なこと痛くなったりしないのかなぁ?
それ以前に、このかっこで浜辺を歩くのは法に触れないんでしょうかねぇw
2Dの世界のエロコスもそうとう頭が悪い(誉め言葉)ことになってると思ってましたが、現実も負けてないみたいですねぇ。

言っておきますが、これ売ってた店はアダルトショップじゃないんですよw(これが一番おそろしいw)




●アニメの話。

・今週のバーディー。
テュートのあっけない退場に泣いた。
素とおかまキャラのギャップがステキな、けっこういいキャラだったし、もったいないなぁ。
しかもバーディとツトムの仲を取り持ってた感じだったし、彼無しでこれから大丈夫なんだろうか…?



・今週のマクロスF。
もともとミュージカルものが好きな私としては、今回はニヤニヤものでした(´∀`)
ランカもシェリルも、お互いに好意を持ちつつもアルトに関しては対抗心をおさえられないあたりが可愛すぎる。
でも険悪にならずにハモっちゃうとか。いい感じだなぁ。もっともこのバランスがいつまでも保たれるとは思いませんが…。

今回は半分総集編でしたが、敵組織(というかチーム?)に語らせることで新情報も多々盛り込まれてて、上手いつくりでした。
でもあのグレイスの中に何人も入ってるってのは、どういう状況なんですかねぇ?

今週のあざといシーンは検査服(?)のランカちゃんw あのかっこでアルトと抱き合うって、けっこう生々しいだろ!
アルト君はよくおっきをがまんしました。



・今週のプリ555。
シロップがデレたw
まあ、今回のココはよくがんばりましたしね。前シリーズ同様徐々に絆が強くなってく描写がこのアニメの魅力ですな。
でも今回ココが覚醒(?)するシーンで、うっかりココがプリキュアの姿になるのを想像してしまいましたがw

そして今回はついに新しいおもちゃ新アイテムが!
今回は剣なんですね。女の子が剣に喰いつくかどうかが微妙ですが、演出的にはかちょいいです。
でもプロテクトフルーレはなによw まさに矛盾ww
で、剣で直接攻撃じゃなくて、でっかいバラ召還なんですね('A`)デカいバラ怖いよデカいバラ。ビオランテ怖いよ。

そして今回はネバさんが逝ってしまわれました(;´д⊂) いい感じに馴染んだころに退場するよなぁ…。



・今週の絶対可憐。
コアな唐沢なをきファンしか知らないと思いますが、昔、まだトリビアとか流行る前に『BURAIKEN』という漫画がありまして。
主人公が戦う相手に濃厚なウンチクを語って、相手がそれに夢中になっている隙に切りつけるという魔剣の使い手だったんですよ。
今回の話を見てたら、そんなことを思い出しました。最近唐沢話ばっかりだなこの日記。

しかしグリシャムがかなり強大な相手だったので、壮絶なバトルとか期待してたんですが、いい話系だったか〜。
まあこれはこれでいいまとめ方だとは思いますが、2週にひっぱった割にはって感じで、ちょっと残念。






●Web拍手コメントのお返事〜ヽ(゚∀゚)ノわっほい

18日
>エンターブレインから単行本が出てますよ<パソ犬モニ太
>というか、今は連載を終了しておりますです。
>あ、あと『紺野さんと遊ぼう』DVD化ですって。
上にも書きましたが、情報ありがとうございます〜ヽ(´―`)ノ さっそく買ってきました。
『紺野さん』DVDですか…。見たいような、見たくないような…。
作り手があの独特なフェチズムをどれだけ理解して作ってるかによりますねぇ…。

20日
>マクロスF、2人の猛烈アタックを受けて、朴念仁なアルトも、ロックオンされてることに気づいたハズです。
アルト君は罪な男ですねぇw あのミュージカルシーンは個人的にもツボでした(´∀`)
>ポピーシード、終わっちゃうなんて…でも筆が止まるわけではないようですので、次回作に期待です。
なんか最近のルンルン先生のノリが心配なんですが、またリフレッシュしてステキな作品を見せていただきたいものです。

21日
>アニメの主題歌については禿げあがるぐらい同じ気持ちです!
>タイアップが悪いとはいいませんが、タイアップでもアニメのための歌ということを忘れないでほしいですね
大人の事情はわからんでもないのですけどね〜(´ω`;)
でもとくに子供向けの作品の場合は、子供は好きなアニメの歌なんて死ぬほど歌いますので、ちょっとだけでも
気遣っていただきたいと思いますねぇ。

22日
>1
>2
さぁん!(世界のナベアツのあの顔で) これでよかったのかな?

ひとこと
  • 通りすがり - 2008/07/27 23:53 
  • 連続コメントで失礼します。

    Cストリングビキニは『下着』なので浜辺を歩くことはありえないと思いますよ。

    タイトフィットな服の時にパンティーラインを出さないように考えて作られたそうです。

    ちなみにチョッとやそっとじゃズレたりはしません。

    余談ですが、マエバリは2Dの世界のものではなく日本の撮影現場で普通に使われているものです。

    -----以下Wikipediaから抜粋-----

    日本においては一般映画・ピンク映画を問わずほとんどの撮影現場で使用されており、特に男性においては前貼りの使用は相手女優へのマナーでもあるという。基本的には画面に映りこむべきものではないため、撮影においてはアングル等に細心の注意が払われる。一方、いわゆるヘアヌードのように陰部描写を前提にした撮影の場合は通常の前貼りの使用ができず、出演者には陰部を完全にさらけ出しての演技が迫られることになる。しかし、場合によっては陰毛を模したカツラを貼り付けることもあるという。このカツラは本来、陰毛が薄い女優が陰唇が直接写ってしまうのを避けるために使用するものである。

  • もきち(餅きん) - 2008/07/29 00:47 
  • あ、私もそうは思ったんですが、少なくとも上記の『シンボルず』では「水着」として紹介されてたんですよ。
    一応テーマが海開きの回でしたし。

    あと、マエバリがリアルでも存在することは存じてますよ〜。言葉が足りなかったですね(汗)。
    単に「見せるものとしてのマエバリ」という意味のつもりでした。ややこしくてすみません(´・ω・`)


2008年07月18日(金)  ベルトの上のぽにょ(メタボ)
今日は雨だったのよね(;´д`) 最近クソ暑いからすっかり梅雨明けしてたんだとばっかり思ってたら、梅雨明け
明日なのね…。梅雨のうちくらいもう少し涼しくてもいいと、僕は思うんだ…。

すんません、途中まで描いてた絵がどうもいまいちで破棄してしまったので、今回の更新は絵無しですこんばんは。




最近テレビをつけるとなんかぽにょぽにょうるさいですね。ジブリ映画って、毎回こんなに宣伝しまくってましたっけ?
それともあの歌が妙に耳に残るので、やたらと聞かされてる気になってるんでしょうか?
でも最近は、うんざりするほど宣伝された映画ってのきなみコケてるような気がするんですが気のせいでしょうか?

でもアニメの歌は大事よね〜。なんかぽにょの宣伝番組かなんかでも、作詞担当の方(監督だっけ?)が宮さんに
ずいぶんきびしいリテイク食らったようなこと言ってたようなそうでないような。

最近のテレビアニメはさすがにジブリ作品のようにはいかないで正が、個人的にはアニメの歌は、なんかしら本編と
シンクロしてて欲しいと思いますねぇ。昔みたいに主役(メカ含む)の名前連呼とかタイトル連呼とかは難しいので
しょうが(タイアップとかスポンサーの意向とかあるでしょうし)、そういう直球じゃなくてもなんかしらのキーワードが
入ってるのに気付くと、なんかうれしかったりします。
最近では『絶対可憐チルドレン』の主題歌の中の「心のリミッター解き放たれたら、ほら」あたりの歌詞が好きです。
たとえあの歌自体が、あの子供ユニットを売り出す企画モノだったとしてもw

こういうので毎回上手いなぁと思うのは『マイメロ』シリーズなんですよね。まあ、小さい子向け(たてまえ上)ってことも
あって歌の中にちゃんとタイトルが出てるのでそれだけでも十分なんですが、主役の名前の「ゆめのうた」って歌詞が
あったり、「ダメでぷん」とかぷんぷん玉のことが織り込まれてたりとか、新シリーズだと「ありゃま」「きらら」などですね。

もちろんキーワードものではなくても、作品の雰囲気を大事に織り込まれてるのはだいたい聞いてて気持ちがいい。
曲の間に「またこの大好きな世界が始まる!」って感じになるのがたまらんですね(´ω`)


7月に入ってまた新番組の季節…といってもそろそろ出尽くしたところではありますが。
個人的に「そのアニメがあたりかはずれか」を早期判断するポイントの一つが「OPを見てて楽しいかどうか」なんですよ。
100%じゃないけど、かなり当たります。この場合の「OP」は歌単品じゃなくて動画も含めてですが。
たとえOPがタイアップものでも、動画がノリノリで「こんな楽しい世界が待ってるんだぜ!」って大見得切ってるような、
そういう意欲を感じるOPのアニメはたいがい外れないというのが私の認識です。
もっと簡単に書けば、OP見て「キター!」と感じるかどうか。
もちろん静かな曲でも同じで、物語の幕開けを思わせるものだとワクワクします。

特にOPがむやみに凝ってる作品は要チェックですねw 最近だと新房作品やパワパフZ(特に後期)ですね。個人的には。
あと昔の作品だと、OVA「ジャイアントロボ(今川版)」の曲のさわりの管楽器で「ぞくっ」となったのをよく覚えております。

で、今期は…。あんまりピンと来るものがないなぁ。
「ひだまりスケッチ」のはちょっと好きですが、新房ひいきで見てるせいかも。


なんで突然こんなこと描き始めたかというと時に意味はなく、単に絵がない分の穴埋めとして、前々からつらつらと
考えてたことをだらだらと書いてみたってだけです。チラ裏ですまんねぇ(´-ω-`)>
もともとこういう取り留めのない文章をだらだら書くのが好きなもんでして。





●今週のアニメ話。

・今週の夏目。
露神かわゆす。つか中の人青野さんだ!やっぱじじい役やらせたらこの人と八奈見さんにかなう人はいないなぁw
内容的にはちょっと切ない話でしたが。



・今週のRD。
このアニメ、毎回サブタイトルが日本語の単語と英単語併記で、なおかつなぜか英単語の頭文字が「i」なんですが、
今回は「食-imotare」。イモータルなんて英単語あったっけ?って調べたりしましたが、よく考えると「胃もたれ」ですね。
やられたっつーか、なんで今回に限ってって感じで笑いました。

いつぞやはメタル内での「電脳セックス」を扱ってたわけですが、感覚的な欲望という点においてはなるほど食欲でも
同じことができるわけですね。そういや昔、グルメ漫画の末端で「味覚は電気刺激と同じだから、料理に電極を仕込む」
なんというトンデモ漫画があったことを思い出しましたが、もはやタイトルしか思い出せませんw 
まあ、思い出したところでなんの特にもなりませんけどww

今回は冒頭のシリアスムードがなんだったんだってくらいなギャグ回でしたねw こういうシリアスな絵柄でギャグやられると、
意外なツボに入ります。メタル内のグルメパーティがなんかすっかり「髭男爵」。る〜ねっさ〜ん!まだ喰うんか〜い!(チン)
相変わらず偏食のみなもさんの見せる変顔も変顔フェチ的にナイス。
ソウタの食に関するこだわりや、みなもに対する思いやりもかいまみられてステキな感じでした(´ω`)

しかし今回はギャグ回ながら、設定的に面白い部分も多かったです。上であげた「電脳グルメパーティー」もそうですね。
人間の三大欲求で考えれば睡眠欲は…ちと無理があるか。でも他の欲望でもなんかいけそうですよね。
なんとなく思いついたのは、かさぶたを剥がすとか、蚊に刺された後に爪で十字の痕をつけるとか、ものすごくどうでもいい
フェチズムを楽しむパーティをやって欲しいw でも脳内で唐沢なをき絵に変換されるな、これw
この○○がっ ○○がいいのだいいのだ! て感じで。前回描いたのでさすがに描きませんでしたけどw

あと舞台が人工島ってことで、天然野菜が貴重品ってのも地味だけど面白い設定だなぁ。
こういうのがあると、架空の世界のリアリティがぐんと上がる気がします。
「おまえはこのピーマンをお食べ!」「う〜んう〜ん」と、またもやなをさんの絵で浮かびましたが自重。

…一度唐沢風『RD』を描いてみようかしらw



・今週のひだまりスケッチ。
なんかこの作品は全体的に「心地よい」って感じで、とりわけなにか感想を書きたいって感じじゃないのが不思議。
相変わらず背景や美術的な処理がたのしいですね。



・今週のドラえもん。
本編はともかく、来年の映画情報が。
来年は「宇宙開拓史」のリメイクなんですね〜って、オリジナル見てないですけど。
でも去年がオリジナルだったので、てっきりこのままオリジナルで行くのかと思ってましたが、またリメイク
やるってのはやっぱF先生原作に回帰するってことなんでしょうか、それとも何年か置きに原作モノ挟んで、
お父さん世代を刺激しようという作戦なのかしら?
個人的には両方交互とか3年ごととかだと楽しいかも。オリジナルと比べる楽しみもありますし(´ω`)





●Web拍手コメントのお返事〜ヽ(゚∀゚)ノ

15日
>おめでとうございます(^_^)v
ありがとうございます〜。なんか一人ではしゃいでてすみません。

>いまさらも今さらなんですが,ココって見た目に反してかなり後ろ向きですよね(のぞみとの対比?)
後ろ向きといいますか、彼は他人のことには一生懸命になれるけど、自分のことだと奥手になるタイプのような気がします。
これって美徳のように見えますが、自分の行動の動機付けに他人を利用してる(ちょっと嫌ないい方になりますが)ので、
一種の依存ですね。まあ、自分もそういう部分があるのでなんか見ていて生々しいですw

>パソ犬モニ太読んでる最中だから余計に吹きましたw<コナコナが!
すみません、このコメントいただくまで「パソ犬モニタ」知りませんでした(´д`)へたこいた〜。
読売の夕刊掲載でしたか。私の家は読売なんですが、夕刊とってないんですよ(´-ω-`)しょぼーん
読んでみたいなぁ。さすがに漫画のためだけに新聞取るのはきついから、単行本でないかなぁ。

あ、でも吹いてくださったのならうれしいですヽ(´―`)ノわーい

2008年07月14日(月)  唐沢さんと山本さんの話。
080713.png 640×420 27K

ひさびさ唐沢ネタ。しかも2連発。たまに描くと楽しいです唐沢さんの絵。手癖で描けるし。
しょくぱんマンがしょくぱんからこぼれる粉で回りに迷惑をかけるというネタは自体はすいぶん前からストックしてた
んですが、なんかパンチにかけるので保留にしてたんです。でも唐沢ネタをかぶせてみると見事にはまりましたw
自分でも思ってた以上のはまりっぷりですw

でもこれ描いてて思いましたが、唐沢作画の「『アンパンマン』は結構アリかもなぁ。とくに学校のなかまたちを
描いてて思いましたが。唐沢さんの絵はかわいいちんちくりん系なので、こういうのはまりそうだなぁ。
そのうち気が向いたら、主要キャラだけでも唐沢風に全部描いてみようかなぁ。
でもパンマンたちはけっこう不気味になりそうw


しかしなんとか週2ペースで更新したいと思ってるんですが、なかなか最近思うように行かないなぁ…。



●『ポピーシード』最終回。
ところで今日は2ヶ月ぶりのお楽しみ「ミス・ポピーシードのメルヘン横丁」が載ってる「まんがタイムラブリー」の
発売日なので、帰り道にそれこそルンルン気分で買ってきたですよ。

で、最終回ってうそだよね…。

なんかキャラの魅力がでてきてこれからって感じのとこじゃない?つか、思わせぶりにちらつかせてたポピーシードの
過去も結局謎のままですかい(;´д⊂) 
マーガレットの学校の話とかもぜんぜん出てないしなぁ…。
こんな終わり方いやだなぁ…。

ルンルン先生のサイトの日記を読むと、最終回についてはずいぶんとあっさりな感じ。
で、その後に新連載の話が…。

>で、さっそくなんですが次回から(隔月なので9月売りの号から)
>また新しい連載を始めさせていただく予定です
>今もくもくとアイデア出し中です
>のびのび楽しく描けるもの目指してがんばります

「ポピーシード」はのびのび描けなかったんでしょうか…?(かんぐりすぎかなぁ?)
なんか終盤は絵の感じが変わったというか、絵の持つ力が弱くなってきたような気もしますし、作品に対する
モチベーションが下がってきて多様に思えてなりませんが、それも含めてかんぐり過ぎでしょうか…。

…この作品が気にいってただけに、ついついいろいろ悪い方に考えてしまいがちですが、それでもファンとして
新連載が応援したいですし、気持ちを切り替えて期待したいと思います。いやまじで。
でも新連載も隔月なんですね…(´-ω-`)


ちょっと関係あるようなないような話なんですが、さきほどpixivで「あ、ちょっといいな」と思った絵描きさんがいて、
その方のサイトを見たら、偶然ですが今日買った「ラブリー」で商業氏デビューをした作家さんでした。
WATTS TOWER
こんな偶然もあるんですねぇ。


●今週のアニメさん。

・今週(というか先週)のRD。
そ〜しゅ〜へ〜ん!
かと思ったら、後半は新作!
かと思ったら、海中のシーンほぼ実写!

…結局、手抜きなんだか凝ってるんだかわからんw
いろいろ好みもあるでしょうが、個人的にはアニメの絵に実写映像を挟むのはNGですねぇ。



・今週のくれしん。
今週はやきとりやにとおるちゃん登場。なんかよくわからんが微妙に萌えるシチュだわ。
しかし女の子の前でちんちんみせられるなんて、さすがにプレイもいいとこだなぁw



・今週のバーディ。
む〜、二週目に入ってもお話としてグッと来るところはないなぁ。
でも対バチルス戦の動きはトリッキーでなかなか楽しかったです。
しかしあのセット、直すのにいくらぐらい掛かるんだろう…。



・今週のマクロスF。
先週の騒動がまったく収まってない!www 大事過ぎヽ(゚∀゚)ノ
しかし、この期に及んで大統領が、全面戦争に踏み切るのに躊躇してるってのはなんでなんですかねぇ。
相手が人間同士ならわかるんですが、意思疎通すら出来ない生物なのに。

シェリルがアルトを送り出す時のセリフ、「絶対無事に帰ってくるのよ。死なないって約束して」に対してのアルトの
「必ずランカをつれて、戻ってくる」って答えの後のシェリルの拍子抜けのような表情が絶妙でした。
この会話の微妙にかみ合ってなさで、この二人(もしくは3人)の立ち位置を美味く表現されてると思います。お見事。

今回気になったのは、敵の巣窟の中でのランカとマザーバジェラ(とでもいったらいいのかしらん?)との不思議な
やり取り。彼女(?w)は過去にあの古いマクロスに乗っていた人間の記憶を維持してるってことかしらん?
そしてランカちゃんが「リトルクィーン」って…。
これまた続きが気になりますな。

謎のバルキリーはギャラクシーの生き残りですか…。なんかフロンティアのより高性能っぽいのに、ギャラクシーは
なんかやけにあっさりやられてたけどねぇ。


しかし番組CMの「星間飛行振り付けフラッシュ」のあざとさに苦笑w
この番組はいい意味であざとい演出やら営業やらが上手だなぁw(これも誉めとるんですよ)



・今週の狂乱家族。
今週も優歌たんがかわいかった。
…というか、最近は絵(というか帝架とたわむれる優歌)を楽しんでるだけって感じで、お話にちっとも入れないんだよなぁ。
そろそろ切り時かなぁ…。絵はかなり好みなのに…。

なんかネットのあちこちで見聞きした感じだと、どうやら原作にあるエピソードを結構飛ばしてる上に、
あまり構成がよくないという感じみたいですねぇ。原作を読んだ上なら楽しめるのかなぁ。
つか原作に対して尺が足らないんだとしても、2クールもあるんだから、それはやっぱり詰め込みすぎによる
構成ミスのような…。
でも構成以外にも、大事なセリフに大きな効果音重ねたりとか、つまらないアラが多いんだよなぁ…。



・今週のストライクウィッチーズ(いい略称が思いつかん)。
いやぁ、すがすがしいくらいに男キャラが捨て駒だよね!
年端もいかぬ女の子が生脚ほおりだして戦地に赴いてもかすり傷一つしないのに、やっぱ萌えアニメにおける
男の価値なんて、スコッティ一枚の重みもないよなぁw 
先週も書いたようにこの作品にはいまいち入り込めない部分があるんですが、でもここまで徹底して突き抜ける
部分があるなら、これはこれで存在価値があるなぁ(偉そう)と思いますねw
ちなみにヒニクに取られそうですが、誉めとるんです。



・今週のぷり555。
ココとシロップの間に何が合ったんだろうと思ったら、少なくとも今週わかった部分で見ると、単なるシロップの
逆恨みというか逆切れって感じに思えるんですが、気のせいでしょうか?
結果としてうまくいかなかっただけで、自分に対していろいろ世話を焼いてくれた人に対する仕打ちとは思えん…。
ココはココで自分のせいにしすぎというか…。 まあ、まだ明らかになってない部分があるのかも知れんのでもうちっと静観。
でも今回のローズパクトに関しては、たしかに「お前が止めろ」でしたけどw

しかしまあ、シロップがいろいろあって屈折したってのはなんか伝わってきました。
こういうのも腐萌え狙いなんですかね、いやしらんけど。

そんでもって、いくら屈折しようと自分なりの理屈があろうと、どう見ても造反行為で裏切りです。ありが(ry
これでますます屈折していくのか便利な乗り物!以下次号!



・今週のマイメロ。
…とは直接関係ないけど、去年の今頃は『ウミショー』見てたなぁ、とプールのシーンで思い出す。
ああいう季節モノっぽいのが一個あると、なんかいいよね。どうでもいいですね、はい。


・今週の絶対可憐。
冒頭のチルドレンの授業抜け出しシーンでパワパフ思い出してしんみり。

しかし、近くにいる能力者の能力を使えるってのは、今深夜に放送してる『HEROES』にもいるなぁ。
まあわりとありがちといえばありがちな設定ですが、敵に回すと厄介ですね。
でもさまざまな能力を使いこなせるわりには、たたずまいや攻撃がマグニートーっぽいなぁ。じいさんだからか?

しかしまさか、PK合戦の最中に「かわいそうなぞう」がでてくるとはw つか、なぜコメリカジンがそんな話を知ってるw
能力が強いだけじゃなく、妙に口がたつってのは厄介な相手ですねぇw これが年の功かw



・今週のギアス。
怒りのあまり暴走するルル山さんコワス(((((´・ω・`;))))) 
直接的ではないにせよ、無抵抗な子供まで…。

しかし、そろそろお話がややこしくなってきてよく分からん部分も出てきたなぁ。
もっかい見直さんといかんかのう。(´д`)







●Web拍手コメントのお返事〜ヽ(゚∀゚)ノわっほう

8日
>3周年おめでとうございます!これからもお体に気をつけて頑張って下さいね。
ありがとうございます!わりとへたり易い体ですが、低空飛行でゆるゆると行こうと思っております。
(´-`)。oO(そういやサイトを起こす前、いつか自分のサイト作るときの名前の候補に「低空飛行」ってのがあったなぁ…。
今思うと中二病っぽくてアレですがw


13日
>こちらでも三周年おめすー! おひひひ…ももこの二の腕でほんほんほんっ
>三周年おめでとうございまつばら
十べえさん、ありがとうございます〜ヽ(´―`)ノ ほんほんほん!
これからも十べえさんと共に、真のカオリストの道を進みましょう!w

>楽しみにしています
楽しみにしてくださる方がいらっしゃると思うだけで、続けるはげみになります(´ω`)

>イヤーン、ガールズが裸でプールに入ってるように見えますー。
裸ですw(※注:拍手絵) お子ちゃまだし、家庭用風船プールといえばはだかんぼうですとも!
>マクロスF、先週のミシェルといい、今週のルカといい、おまいらはアルト姫を追っかけてろーい。
アルト姫はツンデレでいらっしゃいますからねぇ(´∀`)
しかしこのアニメは、みててもどかしい恋が多いですな。ブリッヂとかも含めて。
>マイメロさんが、水着を着るのは、犬が服着るのと同じと勝手に判断しました。でないとエロ妄想が湧きます。
いままでのシリーズの中でも何回か水着のマイメロ様が拝めましたが、そのたびになんか不思議な感じになりますw

2008年07月08日(火)  マクロシュ通信。
080705.jpg 430×600 96K
♪ぽ〜にょぽ〜にょぽにょ おんなのこ♪
って、最近TVのCMなどで聴くたびに『RD』を思い出していますもきちです。こんにちは。
ぽにょぽにょなお姉さんは好きですか?(←挨拶)


『マクロスF』のシェリルって、『マシュマロ通信』のジャスミンに似てるよね!
特に自分の美貌や才能に自信を持っていながら、そうあるための努力を欠かさず、さらにそのことに
自負を持っていることあたりがね!(もちろん見た目もw)
そんなことを考えながら、上の絵を書きました。
今回は描いた時間より加工した時間の方が長かった気がしますがさておき。



今回から日記の仕様を、いつもとほんのちょっとだけ変えました。読みなれてる方は戸惑うかもしれんですゴメンナサイ。
現在この日記をこのままnickyで続けるか、さくらのブログに乗り換えるか思案中に付き、ちょっと試行錯誤してます。



●最近気になったこと。

平野耕太 パリで「HELLSING」を語る
僕らの大好きな『ヘルシング』の平野先生のフランスでのファンイベントの様子。
あのいい意味で「いっちゃってる」ヘルシングを描いてる平野先生は、実に紳士的にファンサービスをなさってきたようです。
つか、フランスってナチがらみはそうとうヤバいと思ってたのに、なにこの大人気。
先生ご自身も驚かれたようで、
>海外に流通して人気を得るなど想像もしていなかった、フランスで人気があることに大変驚いている
と、ぶっちゃけてますねw

あと個人的に気になったのは、時事ネタ的にこの部分。
>作品創作の方法についての質問もあった。そこでは、マンガの創作に一番必要なのは編集者と語った。
>マンガは他の雑誌とはまるで違う作り方をするので、マンガ編集者の存在は不可欠なのだという。
この部分は、例のガッシュ事変を考えると、いろいろ感慨深いものがありますねぇ。
おそらく漫画家と編集者というのは、そうでない人が思っている以上に「近い」存在で、それゆえ出会いの良し悪しが
作品の運命にも多大な影響があるんでしょうね。
おそらくですが、上のように言い切れちゃう平野先生の場合は、そうとう幸せな出会いがあったのかもしれません。





●今週のアニメ感想ちゃん。

・(新)鉄腕バーディーDECODE
ぶっちゃけた話、いまさらバーディなの?って思ってましたが、かなり大胆な改変でかなり新鮮に見られました。
絵柄やお話も、うっかりしてるとゆうきまさみ原作であることを忘れそうになるものの、時おりゆうきさんの色が
出てくるってバランスはなかなか。アクションもきれいですし、特にバーディーの動きのバレェというか踊ってる
様に見えるアクションが気持ちいいですね。予告特番でスタッフの方がたしか「フィギュア(スケート)を
参考にしてる」とおっしゃってた記憶がうっすらありますが(いい加減に見てたもんでw)、
なるほどって感じ。

おもしろいのは、バーディーが地球で潜伏操作している間に不思議ちゃん系アイドル(しかも宇宙人キャラって)
になってるということですが、つとむと合体(?)した後も続けるんでしょうかねぇ?普通に考えれば物理的に
無理でしょうけど。でもなんとかやりくりしたらそれはそれで面白いけど。

今のところ見続けるかどうか微妙な線なんですが、作画やアクションがそれなりに維持されるのならという感じで。

どうでもいいことですが、これは原作のころから思ってた事なんですが、バーディーのあの独特なスーツ、
宇宙的というか未来的というかというあたりを狙ったデザインなんでしょうけど、どうもびんぼっちゃま的な
省エネスーツに見えてしまうのは私だけでしょうか?
つか、あの服見てるとおもいっきりくすぐってみたくなるw



・今週のマクロスF。
いっかし〜た〜あ〜のこ〜はエーリアンヽ(゚∀゚)ノ
今週はいろいろサプライズがあった回ですが、何よりも気になるのは
ランカちゃんがその後お○。○どうを処理したか(あるいは○○したか)ということですね。…ごめん(人として)。
宇宙服だと中にオムツをつけるとか「プラネテス」でもやってましたけど、バルキリーはどうなんでしょうねぇ(まだ言うか)。

グレイスがバジュラ側の人間だということがわかったのはいいけど、今の段階では裏切り者の(元?)人間なのか
人間に化けたそれなのか、いまいちわからんなぁ。すいぶんあっけない退場だったけど、あれは死んだのだか
また違った形での退場だか、いまいちわからん…。
シェリルに飲ませていたやばそうな薬は、今までの不調を起こすための薬なんだか、これから更なる何かを
起こす薬なんだか、これまたわからん。
こういう謎があちこちに散らばってるのもいろいろと楽しみなんですけどね。

ランカさんの過去も少しだけ出てきましたねぇ。古いマクロスに乗ってた形跡が…
つか、バジェラ側になんか目をつけられてるし、思ってた以上に重要人物なのかしらん…。

そんでもって、ディメンションイーターって…。惑星飲まれてるし!大事過ぎるだろ…。
先週のゼントラの皆さんも全滅ですか…。




・(新)ストライクウィッチーズ
いい意味でも悪い意味でも、あざとさ大爆発ですなww
女の子の尻を愛でるという意味では、ここまで徹底した作品を観たことがないですw
まさかほとんどのキャラが常時下半身まるだしというか、下着だか水着だかわからんような布切れ一枚で
往来を歩いてるという設定なんて、まともじゃないですよw
しかも上半身がわりとしっかりした制服なのでなおさらヒワイって寸法なんですね、わかります。
以前のフィギュア企画『週刊わたしのおにいちゃん』に通じる結晶化したフェチズムの商業化とでも言いましょうか。
美少女好き・少女のラインフェチで軍(服)マニアの気がある人にはたまらんでしょうねぇ。

絵柄は可愛いですし、作画も良好で動きもすばらしいです。アクションの合間に尻や股間が大写しになるような
そっち系のサービスも忘れてませんし。
オシリスキーな私としてもちょっと惹かれる部分がわりとあったりしたのですが、でも個人的な好みとしては
「う〜む」という感じですかねぇ。あくまで個人的に。
やっぱああいうエロスや色気は、見る側が見出してこそ華といいますか、本人が意識してないところに良さが
あると思いますし、また意識してる場合には「照れ」が欲しいんですよ、私は。
かつてのHGのように股間を突き出して「どうですか〜」ってのは、いまいちわびさびに欠けるといいますか。
『U.G.』の様に笑える方向なら、まだアリだったんだけどなぁ。

もっともこれがもともとメディアミックス系の企画モノだったというのはなんとなく知ってますので、そういう意味では
アリだとは思いますし、内容や性癖(w)はともかく良好な作画・動画による尻描写が見られるなら観続けようとは
思います。ここでの感想は書かないかもしれませんけどw



・今週のゴーオン。
くじらかわええなぁ。あのデカいのが空を優雅に飛んでると考えるとたまらん(´ω`)
でも変形は他の二体と同じでやっぱ大味だなぁ。まあ、ロボット形態よりマシン(?)形態を優先してるみたいなんで
仕方ないんでしょうが。



・今週のプリ555。
のぞみ先生がんばるの巻。
今回の話を観ててあらためて思うのは、勉強面で子供のころからずっと優等生だった人って、教師としては
能力低そうだなぁということですね。
下手に優秀だと、授業についていけない生徒が「なぜわからないのか」が理解できないでしょうしねぇ。
今回ののぞみさんは、子供たちの「なぜわからないか」まで視点を下げて、一緒に考えよう!な部分がすばらしい
ですねぇ。でもこいうい先生だと、今の早熟でかつ塾通いの子供(ダジャレじゃないよ!)には逆に馬鹿にされるの
かも知れないですねぇ。それでも私はこういうふうに子供の視点を忘れない先生を支持しますが。(義務教育までかな?)

そして対するブンビーさんの劣等生っぷりに噴いたw なんか最近の女児アニメの敵役はなにかと赤提灯で愚痴を言う
シーンが多かったんですが、まさかこの人社内でそれをやるとはww しかも館長相手っておいしすぎw
しかしブンビーさん、今回はいつもの哀愁に満ちたキャラに加えて、なんか台詞回しが独特で面白かったですねw
「びっくりさせんなよ〜、びっくりしちゃったじゃないか〜」とか、いい感じに頭の悪いせりふがGoodでしたw

そういやすっかり忘れてましたが、りんちゃんておさない弟妹いたんだっけなぁ。りんちゃんのおかんっぷりも
親の家業の手伝いだけじゃなくてこういう部分にもあったんだなぁ。あらためて上手い設定と思いました。
まあ、それがりんちゃんの人気につながるとは限らないのが泣けますが(;´д⊂)


あと今回ココとシロップの確執がピックアップされてましたね。
「あの時」何があったのかはわからんですが、シロップのココへの嫌味っぷりがいい感じにスネちゃまなお子ちゃまで
そういうガキ観てる時のイライラ感が見事でした。
まあ、シロップが言ってるように、ココ(とナッツ)が肝心な時に役に立たないのは本当ですけどねw
このあたりの問題が以後どうひっぱられるかも楽しみな感じです。



・今週のマイメロ。
めずらしくグッズの番組内宣伝きましたねw
あとBパートの交番の中で、なんか妙にリアルなポスターがありましたが、どうやら本当に存在する映画
『純喫茶磯辺』の宣伝らしいですね。どんな癒着…じゃなかった、コラボなんだかw



・今週の絶対可憐。
まさか連続で身内ネタとは。また紫穂の親もずいぶんと特殊な立場で…。
まあ紫穂の場合、あの能力ゆえに不通の子の何十倍も大人の(汚い部分を含む)事情を知ってしまってる
でしょうから、周りが思ってる以上に大人への理解もある(と同時に変に期待していない)のでしょうねぇ。

しかし今回は紫穂お苦しむさまが、なんかわかりやすくあざとかったですねw なにげに大股開きだし。



・今週のギアス。
今回も急展開というか、まずはシャーリーに黙祷。
彼女はこの作品の中でも随一といっていいほど「関係ないのに巻き込まれた」度が高いキャラなので、いっそう
哀れさが増しますね…(;´д⊂)

そんでもってルル君、ギアスの能力のほかに今期は「抱き込み(たらしこみ)能力}でも得たんでしょうか?
まさかオレンジまで手なずけるとは。

さらに今回は咲世子さんの忍者っぷりがww つかメイド服で尻丸出しですよw
新OPの忍者服のスク水っぷりというかダメっぷりもいかします。




・今週のヤッターマン。
内容は正直今週もどうでもいいというか、特になし。
でもここには触れざるをえない!新ED!

これはたまらん!ふたご先生の絵はやっぱいいなぁ(´ω`)壁紙にしたい〜。 
しかも本編で出てない(よね?)アイちゃんの制服姿まで! 浴衣姿もいいなぁ。髪型かわいいし。
ちょっとあざとい部屋着(下着?)のおちりもサイコーですヽ(゚∀゚)ノ
そしてガンちゃんのおまけっぷりに噴いたw


・(新)夏目友人帳。
とくに前情報も無しで見ましたが、変わった感じの妖怪ものですねぇ。
退治するでもなく、ひたすら解放する物語ですか。
絵もお話も、全体的に地味な感じですが、いろんなかわいい妖怪が見られそうなのでしばらく視聴してみよう。
感想は書かないかもですが。





他にも新番組で見たのが数本ありましたが、心に残るものがなかったものはここではスルーさせていただきます(´ω`)








●Web拍手コメントのお返事〜ヽ(゚∀゚)ノありまと〜

7月5日
>バルキリーの風圧はオーバーテクノロジーです。これで全て説明がつきますw
>ジェットエンジンじゃなく反応炉ですけど、きっと我々の知らない未知の技術でなんとかなるんでしょう・・・
>きっと・・・たぶん・・・
あ、そうか。ジェットじゃないですよね、宇宙もいけるんだし。
オーバーテクノロジーということで、なにか風除けになるようなシールドでもあるんでしょうかねぇ。
まあ、あのくらい科学の進んだ世界なら、そんなのもありそうですが。
そういや実在するジェット機レベルでも、空気の摩擦で相当な高温になるようなことが『まんがサイエンス』に
描いてあったのを思い出したわたしはあさりファン。


7月6日
>エチコ開設三周年おめでとうございます。
>パワパフ記念イラスト、ほのぼのしつつ小ネタも効いてて、
>もきちさんのパワパフ愛!がひしひしと伝わってきますよ〜。
>(…ううっ、でもやっぱりももこさんの顔が隠れちゃってるのはちょっと寂しい気も…(;´д⊂))
>放送終了一年経ってもまだまだこうして盛り上がれるのは本当に幸せだなあと思います。
>長くなりましたがこれからもエチコを陰ながら応援していきますー。


ありがとうございます〜ヽ(゚∀゚)ノ 長いなんてとんでもない、むしろうれしいですって!
パワパフ愛ですか…。前にここで触れたパワパフオフのレポートにも書きましたが、パワパフファンの愛は
尋常ならざるものがありますよ!私もなかなかだと思ってますが、そんな私から見ても「こりゃすげぇ!」と思う
方が少なくなかったですしw
そういやスカポン太さんのブログのレポートでは、私たちがオフ会でスタッフの方に見せていただいた、CNの
新ジングル(短い番宣みたいなやつ。全て新作!)も放送されたみたいですし、オーストラリアでも放送される
みたいですし、まだまだ盛り上がりのネタは尽きてませんよ!

ももこさんの件はスミマセン(´・ω・`)> 私も描いてる最中気になったんですけどねぇ。記念絵なのに顔が
隠れてるってのは、やっぱちょっとやりすぎでしたかねぇ?

応援ありがとうございました!

ひとこと
  • んげ - 2008/07/10 02:22 
  • やはりこっちが地の絵柄なんでしょうねぇ。正統派タツノコ!
    しかし、どういう役割分担してんでしょうね、ふたご先生。謎だなぁ。なかよしのサイン会には出てたようなので特に隠してるわけでもなさそうですが、っつーか誰も取り上げないんですよねぇ。
    ヤッターマン関連でインタビューとかしてないんでしょうか。もうガワラはいいからw
    またアニメ誌はヤッターマンとか取り上げませんからねぇ〜。ムックならなぁ…

  • もきち(餅きん) - 2008/07/14 23:40 
  • こっちの方がっておっしゃいますが、私はプリキュアの漫画の絵柄を知らないので…(すみません)
    でもこの正統派タツノコ絵柄は私の琴線にキュンキュン触れます。触れまくりです!

    でもたしかに姉妹ユニットの絵描きさんってのはなんか不思議ですね。漫画はまだ役割分担とかわかりますが、
    イラストとかキャラ設定とかはどうしてるんでしょうねぇ?

    ちょっと前にヤッターやボカンシリーズ関係でムックが出たりしてましたが、せっかく再アニメ化したんだし、
    またあんなの出してほしいですねぇ。インタビューとか読みたいし。


2008年07月04日(金)  おかげさまで3周年ヽ(゚∀゚)ノ
080703a.jpg 600×450 145K
え〜、「エチコ」は7月1日で三周年であります。
こういうことではしゃいでるのはたいがい本人だけなんですが、まあ自己満足ですのでさらりと流してくださいw

こんなへっぽこサイトが3年も続けてきたのは、皆さんがわたしのたわごとにお付き合いいただけたおかげです。
ありがとうございました〜ヽ(゚∀゚)ノ 
これからもゆるゆるとお付き合いいただけたらと思います。(´ω`)

しかし3年も経つのに、いまだに作りかけの部分が多いのは何とかしなきゃですな(´д`)
とくにリンクページは今月中にでも何とかしたいところです(´・ω・`;) つい更新に時間とられちゃってー。.


どうでもいいけど上の記念イラスト、描いてる最中に左右反転してたら途中から間違えちゃって、昨日トップに
UPした時は、みやこさんの髪の毛の分け目が逆になってました(´・ω・`)まぬけ〜ん
同じ絵(文字なし)をpixivにアップしちゃったけど、あっちは差し替えが出来ないからなぁ…(´・ω・`)

3周年にかけて、3人を組にした絵を描いてみたかったんですが、ももこが酷い扱いなのはべつに嫌いだからじゃ
ありませんよ。こういう風にだっこしたらブロッサムの髪が上に来るか背中でつぶれちゃうかどっちかだなぁと考えて、
面白い方を取っただけですのでw




アニメ感想ちゃん。すげーたまっちゃった(汗

●今週のマクロスF。
あの虹色ニンジンって、ディスプレイ用の作り物じゃなかったのかw

それはともかく、マクロスらしいものすごく派手なデビューコンサートでしたねw 超時空シンデレラってw
本来のコンサートではないとは言え。
しかし第一話でも思いましたが、ジェット機の風圧はかな〜り無視してますねw
たぶんまともにやったら風圧でランカちゃんの顔がすごいことになってると思いますがw

こんな感じ。

ランカちゃん、ファーストライブ直前のアイドルにしてはなんか妙にビッグ扱いだよなぁ。
まあ、作品としてははやいところシェリルと同格にして、きれいな二等辺三角形にしたいとこなんでしょうが、
ちょっと前まで完全にシェリルに世話になってたランカちゃんの出し抜きっぷりが、見ててちょっと複雑。
いや、彼女自身が悪いのじゃないのはわかってるんですけどねぇ。



●今週のプリ555。
今週はアレですよ。私のようなりんちゃんさんファンからしてはごちそうでしたよ!(*゚∀゚)=3
よく「恋人にしたい女性と結婚したい女性は違う」といいますが、りんちゃんは間違いなく後者。俺の嫁。
単に料理屋家事が上手いというのにとどまらず、なんか今回はりんちゃんの母性が大爆発してた感じです。
もう完全にのぞみは「出来が悪いゆえに可愛い子供」って感じでしたしw
家事だけじゃなく、うるさいシュウトメ(ババロア)の扱いまで長けてきてる。りんちゃんパワーアップしてるよ!

しかし、りんちゃんやくるみと対比させるためとはいえ、かれんさんのダメっぷりはちょっと酷すぎでしょw
今回うららとほぼ同レベルじゃなかったですか?w
しかしうららはなぜあそこまでカレーにこだわる? 黄色か!黄色だからか!?
こまちの羊羹もたいがいですが…w

そして今回のバトル。このアニメはなぜか敵に説教しながら戦うのが特徴ですが、今回はなんか料理のことを
高らかにご高説しながらで、よりへんてこさが際立ってて面白かったですw

それにしても、エンドカードのブンビーさん美味し過ぎでしょw



●今週のマイメロ。
前作までの「対柊しゃま」にいかんなく発揮されたクロミ様の「不幸になるタイプの一途な女」っぷりが久しぶりに
存分に発揮されてましたねぇ(´∀`)
あたしゃクロミ様のああいうおばかなところが大好きなので、にやにやして見てましたが。

Bパート、バクの口笛がなぜかど演歌調で噴いたw
しかしクラスで口笛ふけないヤツ吊るし上げって、どんな問題学級だよ…。



●今週の絶対可憐。
薫のママンと姉上が芸能人しかも美形って事は、薫さんも将来有望ですねぇ(´ω`)皆本さんも大変だ。

いつかは描かれるだろうと思っていた「レベル7エスパーとその家族との確執」ですが、かおるの家族自体が
かなり特殊だったためか、あまりそれが浮き彫りになっていなかったといいかすか、薫の能力よりむしろ
家族の特殊の職業ゆえの確執のようにも感じられて、なんか微妙な感じもしましたが。

原作未読なんでわからんのですが、残り二人のこういう話もあるのかしらん? 「家族との確執」話は今回の
芸能一家のようなのより、普通の家庭やもしくは外面をものすごく気にする家庭のほうが、よりキツい話になりそうだなぁ。


そういや視聴中にいた絵チャの方に教えてもらったし、拍手コメントでもいただいたのですが、薫の家族の声優さんは
『GS美神』の美神とお絹ちゃんだったそうですねぇ。こういう細かいファンサービスはいいなぁ(´∀`)



●今週のファイアボール(最終回)。
1クールで終わるってしらないで見てたので、いきなりの展開にビックリしました(゚゚)…
結局最後までなんだかわからないことだらけで、なぜ人間と戦っているのか、そもそも地球かどうかもわからない
舞台設定で状況はどうなっているのか、お嬢様やゲデちゃんは誰が作ったのか。そもそも生命体なのか否か。
お父上は一体何者なのか。そもそもタイトルにもなってる「ファイアボール作戦」とはなんなのか。
ぜーんぶまったくわからんまま終わっちゃったよ!で、良い知らせってなんだよ!猿はなにものなの!?

でも不思議とそれで不満じゃないのがこの作品の面白いところだよなぁ。この作品についての2chのスレは
よく見てますが、皆さんこれらの謎な部分をあーでもないこーでもないと推測すること自体を楽しんでるみたいで、
誤解を恐れずに言えば「能天気なエヴァ」って感じもしなくもないです。

いやぁ、最後まで面白かったです。贅沢を言えば1クールなんて短期じゃなくて、もっとだらだら続けて欲しかったなぁと。
私は特に前半の、人類との戦争とか深刻な要素がない全編のーてんきな話が好きだったので、2クールくらいで
そのうち前半1クールはのーてんきな漫才をやっててほしかったです。
しかし、本当に終わっちゃったんだなぁ…。最後にゲデちゃんの名前を間違いなく言ったところでちょっと感慨深く
なりました。あと、誇り高く自分のフルネームを名乗るところ。ロボットなのに息を深く吸うようなしぐさもかわいい。


気になるのは、公式サイトなどで書かれてる「シーズン1」の単語ですね。はたしてシーズン2はあるんでしょうか?
続きが見たい気もすごくしますし、この最終回の続きだとなんか今までのようなのんきな展開がありえないような
気がして、雰囲気が変わるのもなぁ…とも思いますね。


しかし、ラストシーンのドロッセル嬢の後ろすがたの神々しいことといったら。まるで宗教画のようでした。



●今週のRD。
ただただ静かに、ハルさんの思い出に浸る30分。こういうのもいいですねぇ。
現在いろんな意味で動機付けになっているミナモに、在りし日海にいざなってくれたイルカを重ねるあたりとか、
おもしろかわいい演出もナイス。

途中で流れる曲は矢沢永吉の曲ですよね。いままで彼の曲をいいなぁと思った事はあまりないんですが、
今回は映像の持つ美しさと話の内容のノスタルジーにぴったりハマって、とても心地よく感じました。
一応確認しようとEDをつぶさに見てましたが、こういうときにはたいがい「挿入歌」としてクレジットされるはず
なのに、書かれてなかったんだよなぁ。不思議。



●(新)スレイヤーズRevolution
実は前作(つーても何年前だ?)見てないんですよ('A`)だもんでまことにもっておいてきぼり。
でもなんといいますか、画面は今風にすごくきれいなんですが、作品自体の雰囲気が10年前くらいのアニメ
そのままって感じがするのは先入観のせいですかね?
まあ、めぐさんのはっちゃけた演技を聞けるのは久しぶりだったので、その部分は楽しめましたけど。

これって前作知らないと辛いままなのかなぁ。そうだったら見なくなるだろうなぁ。



●(新)スケアクロウマン
完全CGアニメで、かなり絵本風味のほのぼのした作品。
かかしが命を持つって話しはことさら珍しい設定じゃないですが(OZの昔からあるし)、「モノ」である彼が
モノを直したり作ったりするのが得意というのはちょっと面白い設定。
ただ、なんか1話で話がある意味完結してるようにも見えるので、来週からどう展開するかが気になるところ。


ところでこの作品もそうですが、ここ数年の国産3DCGアニメの水準がものすごく高くなって来てますよねぇ。
ちょっと前まではどうも、質感や動きの不自然さなどが気になってお話に集中できなかったのですが、これとか
あとちょっと前に話題になった『ウサビッチ』とか、ここで取り上げてた『ファイアボール』なんかはもう普通に
作品として安心して見られます。『ウサビッチ』の方はフィルター処理なんでしょうか、全体的に色味が馴染んでて
本当に動く絵本みたいですし、『ファイアボール』の方は逆にエッヂが効いたリアルな映像ながら、逆に動きの方を
2Dアニメっぽくすることで3DCG独特の「ぬるぬるした不自然な動き」を回避してるように見えます。

もちろん技術の進歩という言葉で片付いてしまう話なのかもしれませんが、私の印象としてはむしろ作り手の
センスが重要なんだろうなぁと思います。
3Dだからといってなんでもできるという発想だといつまでも「不気味の谷」を含めた違和感から脱せないと思います
ので、「どこを押してどこを引く」というセンスも必要なんだろうなぁと思います。特に予算が限られてる場合。
一昔前では、特撮やCGのシーンは夜暗い場面にしたり雨を降らしたりして、あまり露骨に出ないような工夫をして
ましたよね。少林サッカーのようにギャグものだと逆に開き直って使えたりもしますがw

そういう意味では、『ファイアボール』もそうですが、ピクサー作品などディズニーがらみは予算がふんだんに使えて
るような感じでいいよなぁ。
ディズニーは本家の2Dアニメは最近ダメダメだけど、実写特撮や関連会社モノはいい感じですしね。


●(新)アンティーク
菓子ホモアニメきたーヽ(゚∀゚)ノ
原作はだいぶ前に友達に借りて読んでたので内容は知ってたのですが、さすがノイタミナ枠はレベルが高いですね。
特に違和感なく楽しめましたよ。
残念なことに、時間が「ひだまりスケッチ」と5分ほどかぶるので、最後まで見られないのが残念ですが。

それはそうと、OPはドールハウスといいますか、お店がCGじゃない立体物で表現されててたまらんですね。
それを強調するかのごとく、キャラがきり絵で置かれてるのがこれまた憎い演出。
EDが見られなかったので確認できませんでしたが、「TVチャンピオン」でドールハウス選手権に出てた人とかが
関わってるのかなぁ?



●(新)「ひだまりスケッチ×365
前作見てませんでしたが、どうやらシャフト製らしいってんで見てみました。
正直言って、内容はまあふつうにほのぼのしてて、見てて心地よいもののそれだけって感じですが…。

やっぱり映像すげぇ。さすがって感じです。背景の処理の心地よさや面白さはただ事じゃない。
背景の3DCG処理もかなり自然で気持ちいいですね。こういうのってどうもCG臭さが鼻についちゃうんですが。
この会社というかこのスタッフさんたちは、毎回映像で驚かせてくれるなぁ。大好き。
私のような映像オタにはたまらぬ一品です。内容が気に入ってる方には申し訳ない言い様ですが。






Web拍手コメントのお返事〜ヽ(゚∀゚)ノわっほい
28日
>テレパシー少女蘭の主演は、ももこの中の人なんです!
それは気付いてましたよ〜。
『テレパシー少女』がもうちょっとおもしろかったら、その辺のこととかOPのチャラについてとか
いろいろ書こうと思ってたんですけどねぇ。

29日
>プリ555、りんちゃんの愛妻家っぷりに惚れ惚れしました。甘いものはクレープと思えってことですかね。
上にも書きましたが、私はどっちかって言うとりんちゃんの「母っぷり」にめろめろでした(´∀`)

>マイメロさん、クロミ様のがんばりにキュンとしました。ピヨ王子もかんしゃくせずがんばって高感度UPです
クロミ様は報われぬ愛に生きる女ですねぇ(;´д⊂) でもそこがいいんですが。

>絶対可憐、中の人まで美神さんとおキヌちゃん。
あ、そうらしいですねぇ。小粋なはからいってやつですよね(´ω`)

7月4日
>3周年おめでとうございます
ありがとうございます〜ヽ(´―`)ノ

>三周年おめでとうございます!更新いつも楽しみにしてますー。 / 隼人
こちらもどうもありがとうございます〜。
そういっていただけると、更新の励みになります!ヽ(゚∀゚)ノ

ひとこと
  • あずまや - 2008/07/06 18:28 
  • 3周年、おめでとうございます!
    ブロッサムをだっこしたももこさんは、「それは、あたしが後で食べる、金時堂の白玉だ!」
    とかなんとか言っちゃいそうな変態仮面さんに見えてしまいました。
    いやほーい!

  • もきち(餅きん) - 2008/07/08 23:31 
  • お祝い、ありがとうございま〜す!ヽ(゚∀゚)ノ
    た、たしかにこのももこさんは変態仮面…w 噴きましたw
    あの格好のももこさんを描いてみたいような気もw(それこそももこさんが気の毒ですねw)
    ひゃっほう!ヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノ


過去ログ 2005年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
DiaryCGI nicky!
Skin zero