++ もち日記 ++


この日記の文章・イラストの無断転載・二次使用はご遠慮ください。

drawr放置中。
HOME最新の日記へタイトル一覧検索
過去ログ 2005年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 

2009年01月30日(金)  なにやら大きな節目を感じて思い出にふけってみる。
090126.jpg 600×720 196K
プリキュア5完結記念…というより、ブンビーさんに未来があってよかったね記念。
最終回を見たあと録画したライダーを見たらこんなのを描きたくなりました。
pixivでタグ検索したら、やっぱりネタ被りがあったのですが、意外と変身前を描かれてる方がいなかったので、
あえて描いてみました。
つか、最後なのに女の子じゃなくてごめんw 実はおっさん描くのも好きなんだおいら。

ブンビーさんはきっと、ブンビーカンパニーを切り盛りするかたわら、世界平和のために戦っていくのですよ。
響鬼に続くオヤジライダーとして!w
描いてる最中にいろいろ妄想しました。電王形式で6人のプリキュアが憑依して「ドリームフォーム」とか
「ファイアーフォーム」とかにチェンジしたり。

つか、やっぱブンビーさん好きだったなぁ。プリ5は半分近くはこの人のアドリブを期待して観てたしなぁ。


ちなみに、プリキュア最終回に向けてすぐにこの日記を更新したかったんですが、なにせ今月いっぱいで閉鎖される
「舞-HiMEお絵かきチャット」での思い出話につい盛り上がってしまって、なかなか時間が取れませんでした。
なんか自分にとって大きなものがいっぺんに二つなくなってしまうというのは、キツいものですねぇ…。
ちなみに、チャットやお絵かき掲示板で初期の頃によく描いてたネタを思い出して、こんなの描いてました。

これは『舞-HiME』見てなかった方にはわからんでしょうけど、本編でなつきが奈緒に拉致られて、しずるが
助けに行くシーンを、『スーパーマリオ』シリーズに当てはめてたわけですね。
↓ちなみにこのネタ絵の一番最初に描いたヤツを発掘しました。

…基本的に画力かわらんですねぇ。成長がないといいますか。こぎれいにまとめる小手先のテクだけついたかもw

※以下、ちょっと思い出話になりますので、うざいとお思いの方は飛ばしてくださいw


前にもここでちょっと触れましたが、この「舞-HiME絵チャ(ひめちゃ)」は、私のネットライフにとってかなり
大きな部分を占めるモノだったんですよ。
私にとって2004年度ってのは本当に特別な年でして、しばらくオタ離れしてた私がいくつかの作品に大ハマリして、
みごとにオタがえりした年だったんですよw
具体的に挙げると『マシュマロ通信』『デカレンジャー』『舞-HiME』の3本。

『マシュ』は今のようにニチアサアニメを見るようになったきっかけの作品で、さらにこの作品を介して出会った
方々とは、いまだにお付き合いがあります。
(最近お忙しくて、活動を余りなさらない方もいらっしゃいますが…)
私の中で大盛り上がりを見せたアニメ『パワパフガールズZ』も、『マシュ』との出会いがなければ見ていなかったかも
知れません。『パワパフZ』もいろんな方とお会いできるきっかけになりました。
『デカ』はもともと特撮をそんなに見ない私に特撮の面白さを教えてくれた作品で、これを観てなかったらその後
『響鬼』や『電王』にもはまらなかったでしょう。
そして『舞-HiME』は、深夜アニメをまた見るようになったきっかけになった作品です。
さらに、この作品のお絵描き掲示板や絵チャットからネット上のオタ友達がたくさん増え、ついには同人の世界に
足を踏み入れることになったきっかけの作品でもありますw

ここ「エチコ」の母体となった「へもきち庫(チコ)」を作るきっかけになったのも、絵チャで描いた絵やお絵描き掲示板で
書き散らした絵の倉庫を作りたいという思いから始めたものですし。

そうそう、お絵描き掲示板といえば、パソで絵を描いたり、それをネットで発表したりし始めたのもこの年で、最初は
「新隔離板」と呼ばれる21禁お絵描き掲示板でした。
今思うとそこは当時非常にレベルの高い場所で、ヘタな人が描くと罵倒大会になるような恐ろしい場所だったので、
我ながら無謀だったなぁと思いますw 
まあ私があまり叩かれなかったのは、エロよりもネタに逃げてたからかもしれませんw
そこを皮切りに、「藤子板」や「マシュマロ板」でいろいろ描くようになって、そこでもお知り合いが増えました。
特にココニさんとの出会いはデカく、その後ココニさんのサイトのお絵描き掲示板でしばらく遊ばせていただきましたが、
「自分もこんなサイトを作りたいなぁ」と持ったのが、サイトを作った大きな理由の一つです。
また、新隔離板や藤子板では、ラムチョップさんやGreenTeaさんと出会えたのも大きな事件でした。

オタクに戻って失ったものも多いですが(笑)、おかげでたくさんの方と出会えて楽しくなりました。

思えば、この年に私のオタライフのほぼ全てが始まったといってもいいですねぇ。
そして、そのオタライフの常に傍らに存在していた場所「ひめちゃ」が、もうすぐ幕を閉じようとしています。
そしてまた、ニチアサアニメでみごとにはまったアニメ「プリキュア5」が終わろうとしています。

たまにはちょっと感傷的になっても、いいよね?


※きもい思い出話、終了。




●今週のアニメさん。
今週はまあ、当然のことながらプリキュアですよプリキュア!

◆今週のプリキュア555。(最終回)
…とうとう終わっちゃいましたよ…。
まず一言でいうと、なかなかいい最終回でした。

もちろん不満がなかったわけじゃありません。正直戦いに関しては先週のほうが盛り上がってましたし、お話的には
特に館長とフローラの間にどんなことがあったのかと言う部分がほとんど語られることなく終わってしまいました。
シロップやメルポのことに関してもとってつけたような説明のみだったし…。

まあでも、上記のようなことはお子さまアニメとしてはそんなに重要なことではないと思いますし、とにかくみんな
笑顔で終わりを迎えられてよかったなぁと思います。
なんかある意味館長が、絶対悪というより単なるわがままなおっさんだったのがちと哀れですが、最後の最後に
アナコンディさんがやさしく迎えに来てた描写が、たんなる滅びではなく一縷の希望を与えられたような感じで
個人的には好きですね。きっと二人どこかで幸せに暮らしてると信じたい。
この作品の大きなテーマの一つは「心を伝える」ことですから、先週の話で人々の思いがプリキュアたちに伝わって
奇跡を起こしたように、きっとアナコンディさんの一途な思いが奇跡を呼んだのですよ(´∀`)
…まあ、年増女の情念がある意味おそろしい底なし沼ではないかという意見はこの際置いておくとしてw

そうそう、希望といえば、やっぱりブンビーさんですよね!
最後に零細とはいえ自分の会社を立ち上げてましたし、いろいろ思うところあって地道に生きることにしたんだなぁ。
こうして日々暮らしていく間に、最長して自分の夢に向かってはばたくプリキュアたちに、いつか再会する時も
あるんじゃないかと、楽しく妄想させていただきました(´ω`)

そういやブンビーさん、シリーズ二年・二つの悪の組織にまたがって活躍するなんて、曽我町子さん以来の快挙
じゃないですかw かっこいいなぁブンビーさん。

まあ、プリキュアの5人やパルミエ側の方々は特に言うことなし。彼らはきっとこれからも仲良く前向きに生きていく
ことでしょう(´ω`)

(´ω`)…

(´ω`)……

(´ω`)で、EDにもでてた増子さんのフォローはいずこへ?


◆仮面ライダーディケイド(新番組)
最初からクライマックスですねww
もう、画面が豪華なのは間違いなく、絵的に面白い。

でも、私がなかなかライダーシリーズに馴染めない理由の一つ、「主人公が自己中心的すぎて社会性が皆無」
って部分が今作品にもありますね('A`) こっちにはついていけるかなぁ…。
私が好きだった『響鬼』『電王』はそういう部分がなかったので、すんなり入っていけたってのもあるんですよね…。

でも、いろんなライダーに成れるってのは、単純に楽しいですねぇ。
もうしばらく様子見。


◆今週のイナズマイレブン。
今回は試合のなか日ということで、大きな動きはなかったですが、その分キャラの細かいところが描かれていて
よかったですね。(´ω`)
十べえさんから来たメールにもありましたが、鬼道と円堂とのやり取りがなにげにいい感じでした。
(電柱からドレッドがはみ出てるのも可愛かったでしょねw)
円堂の無茶な理屈に皆が呆然とする中、豪炎寺一人が苦笑してたり、壁山が一人最後までレモンのはちみつ漬け
食べてたりと、細かい部分がほほえましい一本でした。

で、とうとう鬼道くん、イナヅマイレブン参加ですか。
これは原作ゲームのシステム上アリなんでしょうが、本来トーナメント戦で許されることなのかしらん?w
まあ、それはそれとして、鬼道がイレブンに入ることでどんな展開・どんな技が産まれるか、こうご期待ですね。

どうでもいいけど次回の相手の千場山中が、どうしても忍タマキャラに見えてしまう…。あの模様のせいか?


◆今週のドルアーガ。
まさかアニメにいくら丼ネタが来るとはw
これですよねw↓



◆今週の絶対可憐。
やりすぎやりすぎ!子供わかんないからそのネタ!w


◆今週のまりあ+ほりっく。
この作品、いわゆる「まともな人」がいないみたいですねw このカオス感がいいなぁ。
隆顕さまが一本気すぎて、もはやストーカーですw
そしてかなこの妄想スライドショーがww いつ終わるかわからんような延々としたながれがwww
あとあの海産物へのこだわりはなんだww



◆今週の宇宙かけ。
相変わらずキャラは面白いんだけど、状況説明が少なすぎて訳わからんなぁ…。



◆今週のライドバック。
相変わらず、言葉じゃなくて感覚的に伝わってくることが多くて心地よいアニメだなぁ。
フェーゴはそうとうに乗り手の感覚に従うようにチューンナップされてるみたいですねぇ。
バロンだと本来上手に装甲するための自動制御が強すぎて、琳の自由な動きを妨げてしまう結果になってしまうと。
乗り手としての琳の才能もそうですが、フェーゴという機体がどの様な理念で作られたのかが気になるところです。





●Web拍手コメントのお返事〜ヽ(´―`)ノありがとっしゅ!

25日
>ふとまきめぇー。ふとまきになりたいです。
>ブンビーカンパニー登場に鼻から茶を出したしまいましたよ。それはともかく、がんがれブンビー社長!
まさか最終回直前にふとまきCMとは…。描かずにおれませんでしたw
ブンビーカンパニーはよかったですよねw ほんとスタッフに愛されてるよなブンビーさん。


26日
>りんちゃんかわいっしゅ〜
ありがとうございまっしゅ〜ヽ(´―`)ノ

>ディケイド、かなりよかったです!エチコさんの好みにあうかどうかは分かりませんが、
>エチコさんじゃないよもちさんだよw
>ひさしぶりにライダーでワクワクしました
絵的にはかなりいい感じでしたよね!CG&特撮スタッフ、すごいがんばってるっぽいです。
あとは登場人物が好きになれるかどうかですな…。まあ、夏美ちゃんはかわいいですが。


28日
>ブンビーさんが最後まで素晴らしかったです…プリ5の陰の主役といっていいんじゃないでしょうか
間違いなく陰の主役ですとも!(`・ω・´)b ブンビーカンパニーは永遠です!

>幼カイ可愛いですよねー!次週からシリアスに入っていくそうなので期待しています。 / SAKI
なんかいつも端っこでもぞもぞいたづらしてる仕草がかわいいですねぇ(´ω`)
ドルアーガはギャグ方面にはあまり期待してないので、シリアス展開に入るなら安心して見られるかも…。

2009年01月22日(木)  ふとまきまっきー。
090120.jpg 600×400 152K
最終回前の緊迫したシーンの連続で盛り上がってる時に、中CMでこんなおもちゃが現れて、すっかり頭がアレな
方に行ってしまいましたヽ(゚∀゚)ノ つか、これはりんちゃんよりかれんさんの方がよかったかなぁとかいろいろ
いけないことを考えつつ、いえまったく健全な絵ですよ? 
※ちなみに背景はCM画面を加工したものです。

物語を真剣に追ってる方にはどうも申し訳ありません。一応私もそれなりにハラハラして見てるんですよw
その辺の辺りはアニメの感想の項をご参照ください。



●さて今週は。
発売日から少し送れてですが、『ストライクウィッチーズ オフィシャルファンブック コンプリートファイル』を買ってきました。
まだ全部は目を通してないんですが、によによしながら読んでおります(=´ω`=)
『スト魔女』を見てるときからそうじゃないかなぁと思っていたんですが、スタッフの対談などを読むとやはりというか、
みなさんものすごく真面目にこの作品に取り組んでおります。
例の部分の呼称を「パンツかズボンか」でそのすごく言い争ったりとか。
やっぱこういうスタッフの姿勢って、作品から伝わってくるんですよね。そういうのってすごくうれしいです。

最初にこのアニメを見始めたときに一番心配だったのが、たとえ相手が人間ではないとは言え戦争を扱うアニメで
ある以上、変にふざけて欲しくないという部分。
可愛いから何でも許される的なノリは、ギャグならともかくシリアスに戦争を描く物語で語って欲しくはないので。

この辺は説明が難しいので上手く伝わるかどうかわかりませんが、そういうお話でもおもしろ部分やギャグを入れては
いけないと言うつもりはありません。むしろおもしろ大歓迎。ただし、茶化して悪い部分てのがあると思うんですよ。
このアニメは主人公の女の子たちも整備兵や水兵など男性スタッフなども軍人ですし、常に死とむかい合わせな
わけですからね。ですから、そういう部分では絶対にふざけて欲しくなかった。
※もっとも、人死にすらギャグにして成り立つ世界観と言うのも存在するのですが、それを言い出すと話がややこしく
なりますのでここではあまり言及しません。そういうのは主に全てを平等に茶化す感覚のギャグにのみ許されてると
思います。たとえば上に出した例では、「可愛いから全て許される」という要素そのものをギャグにした作品ですね。
キャラクターや世界観をかなり記号化した物語でなら、大概の事は許されると思っています。


でもその辺りの価値観については、2話まで見た時点で信用が出来ました。このアニメのスタッフはすごくきちんとしてると。
なんというか、この人たち(スタッフ)は、戦争についても萌えについても、どちらもすごく真面目に取りくんでます。
人の「死」や「守るための戦い」に対しては、敬意を持っているのが伝わってきます。
真面目な作品に、真面目にサービスをてんこ盛りにした結果、ものすごい(笑)見てくれの作品になってしまった
わけですねw この人たちは軍艦も股間もひとしく大真面目に描いています。
他方「萌え」の部分については、最近よく感じる「こういうの(要素)出しとくとお前ら喜ぶんだろ?」というのではなく、
むしろ「俺はこういうのが好きなんだ!可愛いと思うんだ!どうですかお客さん!」という姿勢とでもいいましょうか。

私の僻みもあるんでしょうが、どうも前者のような、作り手が観客を分析して「こういう要素を入れておけば売れる」とか、
「こういうのがウケる」いう感じに作られた匂いがする作品がすごく苦手です。
もちろん商売でやってる「商品」である以上、ある程度の分析や戦略が必要なのは当然です。でも、それを感じさせちゃ
いかんと思うんですよ。

私が日常よく考える事なんですが、「騙すならもっと上手に騙してくれ」と。
この場合「騙す」という言葉があまりいい響きじゃないので誤解されそうですが、たとえば実写内のCGを例にすれば、
なるべく実写部分と違和感なく、CGと気付かないほうが観客としてはありがたいわけです。これが「上手な騙し」。

物語については、「騙す」よりは「のせる」の方がしっくり来るかもしれませんね。とにかくいい気分でその作品の
世界に「酔いしれたい」わけですので、売り手側の意図を極力感じさせず、気持ちよくのせていただきたいのです。
それとは別に、物の作り手として「こういうのがいいと思うんだ!」という熱い情熱を描いてくれればベストですね。
それは絵でもセリフでもいいし、燃えでも萌えでもかわいいでもかっこいいでもなんでもいいんです。
ここ数年なにかと海外でのアニメの評判を聞くようになりましたが、おそらく言葉や文化を超えて何が伝わってる
かと言うと、こういう情熱の部分だと思うんですよね。売り手の意図はあまり関係なく。オタに国境なし。

まあ、長々と語りましたが、結局何が言いたかったかというと、『スト魔女』は熱いアニメだったということです。
これでも一時期は萌え系が苦手な頃もあったんですが(信じられないでしょうがw)、それは「媚び」が嫌いだった
わけでして、「媚びてない熱い萌え」の存在に気付いてからは、そういう偏見もなくなりました。



●話は変わって。でもちょっと繋がってて。
最近のニュースで『ヘタリア』というアニメが某国の抗議で放送中止になったという話がありました。

もうご存知の方も多いでしょうが、『ヘタリア』は第二次大戦中の国々(特に日独伊)を擬人化した作品でして、
ある意味『スト魔女』に通じるものもあるのですが、『スト魔女』のときと同様に、やはりいろんな国や史実がモチーフに
なってるだけあって、海外での反響もそれなりになったようです。
ヘタリアに関する海外の反応
ヘタリアの作者さんを励ますために海外ファンが続々と集結
他にも「ヘタリア」「海外」で検索するといろいろでてきますね。
まだアニメ放送前の作品なのに、これだけ注目されてるってのもすごいですが、もともとがWeb漫画だったというのも
大きな要因にありそうですね。

抗議をした某国についてはいろいろ思うところありますが、これについて書くと荒れる元なので置いておきます。
しかし国会で質疑応答がったなんて、どれだけ洒落が通じないんだよ…とは思いますけどねw

今回ちょっと感心したのは、もともと日本ってエスニックジョークがあまり通じないというか、むしろタブー視されてきた
部分があると思うんですが、そんな日本人の描いたエスニックジョークが世界でそれなりに通用してるってことです。
海外の映画などを見ると、けっこう「○○人は○○だから〜」とかいう感じの話題やジョークがよく出てきます。
たとえばPIXAR作品の『カーズ』には、その車の原産国のお国柄がキャラに出てたりしました。
(予断ですが、それなりに海外で売れてるはずの日本車が出てなかったのが残念。やっぱ個性がないんでしょうか?)

そもそも日本がエスニックジョークが苦手なのは、島国だということもあって、日本は古来から海外から来るものを
必要以上にあがめる、もしくは逆に忌み嫌う部分があったからだと思うんですよね。
あがめるにしても忌み嫌うにしても、どちらにせよ一定以上距離をおいていることには違いはないわけで。
この辺りは、領土同士が密接に接しているヨーロッパや他の地域の国々のほうが、身近な話題なわけです。

でもこの作品の作者が海外在住ってのもあるでしょうが、けっこうここ数年でネットの普及と共に、日本人の海外幻想も
大分と薄れてきて、昔ほどタブーではなくなってきてるのかなぁと感じたりもします。
前にも触れたように、私はオタ文化の海外の反響を見るのがすきなのですが、なにが面白いかと聞かれれば
「こいつらも俺らと同じくダメ人間だwww」とか、なんかシンパシーを感じられる瞬間があるからです。

↑ニコニコだとこのシリーズがわかりやすくて面白いですw

まあ半ば冗談ですが、こういうの見てると世界はオタクで一つになれそうな気もしなくもないですね。
あ、いちいち国をあげて抗議してくる国は除きますけどねw

ちなみに『ヘタリア』は、最近お友達になった現役女子高生(自他共に認める「腐」)に教わりました。
やっぱその筋の方に大人気なんですねぇw




●今週のアニメさん。
更新が遅くなって、一部「先週の」になってるのはご愛嬌。


◆ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜 第一話・第二話 ※ネガティブ
う〜〜〜〜〜〜〜〜ん。なんか既に上のほうで言っちゃってることの繰り返しになるのがアレですが。

ドルアーガは一応前作も全話見てるんですよ。で、それなりに見れたんですよ。
で、今作もやはり一定水準以上の品質を保ってる作品だとは評価できるんですよ。

でも、前作と同様、ど〜してもこの作品からほのかに香る「おまえらこういうので笑うんだろ?」的な、客を見下した
感じがやっぱり鼻につきますね。(あくまで個人的な印象ですし、私の被害妄想も込みですw)
今回で言うと「ひぎぃ」とか、前作だと第一話のアレとか。

まあ、文句は言いつつも楽しめる部分も少なくないので見続けるとは思いますが、ネガティブ感想も増えそうですので、
今後あまりここでは感想を描かないかも。
とりあえず幼カイはかわいい。



◆今週のサンレッド。
ちょ、天上w こういう歌ネタ好きだなぁ。
作詞:くぼたまこと ってあるから、原作通りのネタなんでしょうねw



◆今週のプリ555。
今週は熱かった!固唾を呑んで見守ってしまいました。展開が早い早い。内容が濃い濃い。
最終回を前にしての盛り上がりとしては、最高じゃないでしょうか。

しみじみ感じたのが、GoGoはシロップやメルポに象徴されるように、「思いを伝える」ことが重要なテーマなんだなぁと。
それゆえか、かなり長い尺のシロップの「語り」のシーンはダレることなく、素直に見ることが出来ました。
プリキュアの復活も理屈じゃないですよね。ここは「強い思い」を持つものに許された特権です。

でも「青いバラの奇跡」というから、ローズが何かやるんだと思ってましが、出番無かったですねw
シロップの運んできた種の方でしたかそうですか。
そして生まれ変わった(さなぎから蝶へ羽化した?)5人に置いてきぼりですか…。ちょっとかわいそうかも。
ローズはやっぱ、いい意味でも悪い意味でも「スペシャルゲスト」だったんですかねぇ?

プリキュアたちが復活してからの話の展開はすばらしいスピード感でしたね!
まさかシロップにあんな高速移動形態があったとはw
前から思ってたんですが、シロップは「生き物」としての自分に疑問を持つことは無いんだろうか…w

しかし予想以上に館長強えぇ!パワーアップしたはずのプリキュアが相手にならん。
力で押されるだけじゃなくて、ミントのシールドとか完全に破壊されてましたし…。


そしてブンビーさん、リストラ→就職浪人期間を経て、いろいろ思うところあったんだろうなぁ…。
なんかすっかりいい人になっちゃってw
来週はさすがに出番なさそうですが、最後まで美味しい役でした。この番組の影のムードメーカーは彼ですよね。
スタッフにもかなり愛されていたみたいですし…。お別れするのが惜しいなぁ(;´д⊂)


次回最終回か…。寂しくなるなぁ…。

つかこの「まてみてね」画像は! 応援しないと死んじゃいそうでこわい!!(|||゚゚)


◆今週のイナズマイレブン。
OP後のCMで、いきなりナルトが出ていて噴いたw
ますますスーパー竹内タイムが濃くなってしまうww
あと原作ゲームのCMがなんとなくアニメのネタバレになってやしないか気になるところ。


忍者チーム、さすがに濃いですねw
なんかメンバーにモータルコンバットといぬまる君がいたような気がしますがw
期待した以上に忍者なサッカーをしてくれたのでわりと満足なんですが、今回は風丸のエピソードがメイン
だったので、それにのまれていまいち地味に見えたのが残念でした。
まあ、風丸の話自体はいい話ですけどねぇ(´ω`)

今回は壁山の新必殺技が出ましたが、いきなり出るんじゃなくてその予兆みたいなのを描いてるあたりが
うれしいところです。

最後の遠藤と夏美のちちくりあいは、ひょっとしてフラグですか!?


◆今週のまりあ+ほりっく。
どうやら今期のアニメで(個人的に)当たりのコメディはこれ一本らしいです。
まあ、一本だけでもあたりがあっただけラッキーですが、しかし今期のギャグ&コメディの少ないことったら…。
しかしこの作品、普通なら主人公がまともで周囲の異常な事態に驚いたりツッコミを入れたりというパターンが
王道なのですが、主人公のかなこが大まかにはまともであるものの、ガチレズかつそんな自分にだらしないあたりが
最高に面白くなってますねw お前も人のこと言えねーだろ的なw

今回は奈々美さんがかなこをかばうためか交際宣言をしたり、事態を重く見た隆顕さまがかなこの護衛を
買って出たりと、ますます人間関係がドロドロしてきて面白くなってまいりました。


ところでやっぱり寮長先生の可愛さは異常。
沢城さん、ツンツンキャラのペリ犬をやったと思ったらこんどはロリロリキャラですか。男の子もはつらつ少女もできるし、
この人はどんだけ引き出し持ってるんでしょうねぇ。
でもふと気付きましたが、この寮長先生の声はマイメロのハリネズミ君の声の出し方とほぼ一緒だw
つか、もともとプチ・キャラットでデビューでしたよね、そういえば。



◆今週の宇宙かけ。
下ネタかよ!まあ笑いましたけどww
相変わらずぶち切れっぷりがいいなぁ。



◆今週のRIDEBACK。
相変わらず走行感が気持ちいいなぁ。アニメに出てくるメカって、現実離れしすぎてピンとこないか、もしくはリアル
すぎてそんなに興味が湧かないかどっちかが多いんですが、ライドバックという乗り物はいい感じに
「あ、こういう乗り物があったら乗って見たいなぁ」と思わされますね。きっとオートモード切ったらあちこちグニャグニャ
して制御が大変なことになるでしょうけどw 
今週も琳の回転カーブ(なんたらアクセルとでも言うのかな?)のシーンではなかなかにゾクゾクでした。

しかしライドバック部、なんで男はオタクみたいなのしかいないんだろう。モータースポーツとしてそっち系の人が
いてもいい気がしますが。 まあ、バイク好きにオタが多いのもあるかもですけどねw




●今週のWeb拍手コメントのお返事〜ヽ(´―`)ノ いつも励みになってます。
 
17日
>うららに感動しましたっ
ありがとうございます!うららは役の上の必然性さえあれば、対外のことはやってくれそうな気がしますw


18日
>アニソン三昧で21エモンのOPが流れたのが懐かし嬉しかったですよ。
お〜いお〜い車屋さん♪ですね。
私もいくつか「良くぞこの曲を選んでくれました!」ってのがあってうれしかったです(´∀`)
あの番組(というかアニソン全般)については、なんかまだここで書き足りないことがありますので、また次の機会にでも。


21日
>仮面ライダーキバ、最後までつきあいましたが…あれは早々に切って正解の作品でした
ありゃあ、そうでしたか…(´・ω・`)
そういや今年の特撮についてはほぼ情報なしなんですが、なにか私的にグッとくるものがあるといいなぁ。
でも今年の新ライダー、なんかスイカみたいでかっこ悪くない?体はどっかの国旗みたいだし。
でもライダーに限らず、最初は変だと思っても見慣れてくるとよくなってくるものもあるので油断は大敵だ!
(もちろん例外も多分にありますがw)

2009年01月15日(木)  弾けるバッファローの香り。
090114.jpg 600×800 232K
年末は上の絵のような正月絵を描こうとしてたんですけどね。
前述の通り、年末年始は忙殺されてて、そのさなかにスト魔女にはまったのであやうくお蔵入りに
なるところでしたw
まあ、現実には喪中なんで、別にいいっちゃぁいいんですけどねw ネット上ではあまり関係ないけど。
完成直後にかれんさんの髪型が逆なことに気付いたんですが、もう直す気力も無いヽ(゚∀゚;)ノ

まあ、大昔は15日までが松の内だったので、許してやってくださいなw


実はいうと今年からこの日記をブログに移行しようという計画があったんですが、それもバタバタしてる間に
お流れになっちゃったなぁ。
ブログの方が更新がらくだと聞きますしねぇ。
今このサイト用にお借りしてるサクラインターネットは、デフォでブログがついてきてるんで、それに手を出す
だけなんですけどね〜。

 

●ちょっとショックな話。

アニメ『舞-HiME』放送当時から(常設は放送終了後から)、ファンの交流の場として存在し続けてくださった
「舞-HiMEお絵描きチャット(通称ひめちゃ)」が、今月いっぱいでその役目を終えるそうです。
私もしょっちゅう、一時期は毎日のように顔を出していた絵チャットなので、とてもさみしいです。
いろんな出会いがあったり、有志で同人誌を作ったり、さまざまな思い出にあふれたよい場所でした。

まあ、ちょうどつい最近ビデオシリーズも終わり、絵チャも管理人さんのお引越し先の事情で不安定になって
しまったみたいでして、頃合なんでしょうねぇ。
管理人さんにはこれ以上ないほど感謝をしております。仕事でもないのにこれだけの長い間、自分の機材を
遊び場として解放してくださったのですから。



●スト魔女の話。
最近は相変わらずスト魔女の情報やらパロやら元ネタやらを探して楽しんでおります。
ニコニコで気に入ったのはこれ。

これは元ネタのCM自体がかなり味わい深いものだったりするんですけどねw

元ネタに関してはいまさらな感じもするので細かくは触れませんが、なにぶん世界大戦の戦闘機がモチーフだけに、
海外の反響も様々みたいですね。あまりこの日記では触れてませんが、私はおたく文化の海外での反応を見るのも
好きですので、余計に楽しかったですよ。
『ストライクウィッチーズ』の海外反響
ここ以外にもいくつか見ましたが、ブックマーク忘れた…。
どこかで人気ランキングを見たんですが、やっぱペリ犬人気ないなぁ。あの子は徐々に可愛くなってくタイプなんで、
集計したタイミングにもよるでしょうが。
しかし、シャーロットのモデルになった方って、まだご存命なんだ。本人に伝えようとしてる人がいるみたいだけど
止めてあげてw 
あと「衝撃の海外コスプレ画像」は…。おたくはどこの国でも重症な人が多いなぁw

あと驚いたのがこれ。
撃墜王坂井三郎氏の自伝「大空のサムライ」の海外評 米amazon顧客レビュー
坂本少佐のモデルになった坂井三郎さんですが、自伝を出してるだけではなく、それが海外で読まれてるとは…。
しかもちゃんと受け止めて、感銘を受けてる人がたくさんいる…。
いやはや、すごい人だったんですねぇ。



●ラジオの話。
大晦日にNHK−FMで、朝から年明けまでアニソンを流し続けるという気の狂ったゆかいな番組がやると
小耳にはさんだので、当日は聴けないので録音しておいたのを、先日ようやく聞き終わりました。
今日は一日 アニソン三昧ファイナル
つか、ウチのオーディオは主にラジオを録音するのを目的で買ったので、連続5時間の録音が可能なんですが、
9:15〜24:30って、15時間以上もある番組は、さすがに想定外でしたw
4回に分けて録音したんですが、ウチのレコーダーは録音と録音の間に1分空けないといけない仕様なので、
残念ながら2曲ほど録音しそこなってます(´・ω・`)
予定表よく見たら、途中でニュースがはさまるタイミングも書いてあったので、そこを使えばもっと効率よく
録音できたんでしょうが、後の祭り(´д`)

まあでも楽しめましたよ。いろんな世代のアニソンが聞けるってのもすごいですね。
結局全部で170曲くらい流れたんだったかな?
一曲目がスト魔女だったので、いやでもテンションがあがりました(*゚∀゚)=3
司会の一人、水木一郎氏は本当に還暦なのかい。元気すぎだぞあのおっさん。

それにしてもこれだけの数を聞いてしみじみ思うのは、傾向として昔になればなるほど歌が上手い(例外もありますよ)。
今と違っていろんなアプローチの仕方(たとえば萌えとか)が無い時代なんで、実力重視なんでしょうけどねぇ。
あ、この場合の「上手い」は、音程云々は当然として、声が楽器として鳴っているかどうかつーので判断してます。
しゃべり言葉に音程がついただけなのと「鳴っている」のは、やっぱ違うと思うデスよ。素人考えですけど。



●漫画の話。
もう先週の話になりますが、『みつどもえ』の習字の話はすごかった!
もうあそこまでパンツに執着したギャグを展開するなんて…。笑いを超えて感動したわw

今週の絶望先生、「うるう人」という単語を聞いただけでとっさにあの方々を思い浮かべました。毒されてるなぁ。



●アニメの話。

もうファンの方にはいまさらなんでしょうが、一応メモとして。
2009:わたしたちには、やりのこしたことがある。
これは、ファイアボール2期の予告と受け取ってよろしいですな!ヽ(゚∀゚)ノばんじゃーい
そういやドロッセルおぜうさまのフィギュア化の話はどこいったんだ('A`)
今サイト見たら、まだ延期になってる…。


さて、今のところ見た新番組は良くも悪くもきちんとしてますね。
動画としての出来はそれぞれ並以上で安心して見られる一方、これと言った驚きもない。
お上品で型にはまった作品が多いような印象を感じます。(あくまで個人的に。)
あと、説明不足な第一話が多い気もします。脚本の力かなぁ。

それにつけても、今期も私の好きなコメディ&ギャグものが少ないなぁ。
やっぱ商売を考えるとシリアスものの方がくいつきがいいからなんでしょうか?

※ネガティブと書かれてる感想は、基本的に誉めてませんので、ファンの方は見ないようにお願いします。


◆アキカン(新番組)※ネガティブ
絵、特にラインと色使いが10年以上前の、それもあまりセンスのよくない物に見えて、OPで挫折。



◆宇宙をかける少女(新番組)1話・2話
世間ではいい評判ばかり聞くんですが、わたしはそれほどでも。
でも、絵が独特でちょっと私にはとっつきづらいけど、さすがサンライズだけあって作りはそつないかも。
でもちょっと全体的に説明不足なきらいもありますが。
宇宙空間を行き来するのがあたりまえな生活空間が面白いですね。メカもいい感じ。
いまのところ話もそんなによく見えてないし、キャラも個人的に惹きつけられるものも無いけど、
とりあえず見てて心地よいのとブランドへの期待、あと主役のMAKO目当てにもうちょっと見続けようかな。
あ、レオパルドだっけ、コロニーのブレインのエキセントリックな性格と、なんかちっこい人たちは面白いですね。

あと細かいことだけど、OPの曲は雰囲気になってない気がする。



◆WHITE ALBUM(新番組)※ネガティブ
なんだろう、見ていてイライラする。見る側のこと考えて作ってるのかかなり疑問。
昔のゲームが原作だと聞いてるけど、それを知ってることを前提で作られてるんでしょうか?
10分見て限界。



◆VIPER'S CREED(新番組)
いわゆる傭兵モノですか。渋いのはいいけど、ちょっと視聴者を突き放しすぎかなぁ。
キャラといいメカといい戦い方といい、今のところ目を引くものがないので、これは見続けないかも。
こういうの、海外ウケはいいのかもなぁ。



◆鋼殻のレギオス(新番組)
一話見た段階ではなんとも言えないけど、これもなんか視聴者おいてきぼりな第一話なような…。
まあ、アクションはそれなりだし、一応次回も見てみようかと。



◆黒神(新番組)
なんか壮絶なことが起こってるのはわかるんですが、度が過ぎてて悲惨さよりもギャグに見えてしまうのは、
私がどっか壊れてるからなんでしょうか?



◆明日のよいち(新番組)※ネガティブ
あ〜もう、こういうパターンの第一話、何作目だよ!女所帯の道場に強くて変わり者の男が現れるって、
あく抜きをした『らんま1/2』ですか。
別に黄金パターンを踏むのはいいけど、それにしてもつかみが無さ過ぎ、普通すぎでしょ。



◆RIDEBACK(新番組)※今週の注目株※
ぶっちゃけ、新番組の第一話で素直に楽しめたのって、これだけのような気がする。
冒頭の戦争うんぬんは今のところなんとも言えんですが、バレリーナとしての脚を失った主役の少女が
ライドバックという「新しい脚」と手にしたときの開放感はなかなか気持ちよく感じました。
ただの毛色の変わったメカではなく、かなり感覚的に操作できるというのも言葉の説明無しに十分伝わってきますし。
これは続きも楽しみ。



※こっからレギュラー。

◆今週のプリ555。
奇跡の復活を遂げた!…と思ったら、みごとにポイ捨てされるイケメンに噴いた…いやいや、合掌。
それにしてもブンビーさん、スコルプさんに続いてまたもや同志を見取るハメになるとは…(;´д⊂)
ポジション的には相変わらず美味しいけどさ!w

アクションシーン、シロップの変身能力をああいう風に使うとは、かなり感心しました。
珍しく頭脳戦なのだわ!
しかし…。

しかし蛇おばさんおっかね〜。自分の目的のためには手段を選ばんのう('A`)
やっぱこれはフローラに対する嫉妬でしょうなぁ。女は怖い((((゜д゜;))))
でも館長の前で申し開きするアナ子さんは、うかつにもちょっと可愛いと思った。
しかし報われないなぁ…。切ないわ(´・ω・`)

異次元というか、エターナルの元に連れ込まれたプリキュアの6人。メルポも一緒なのはなにかの複線っぽいですね。
とか言ってたら全員石にされちゃったよ…。どうなるよおい。


◆今週のイナズマイレブン。
理事長がけっこうおちゃめさん(´∀`)伊達にオサゲをしてないな!
と思ったらいきなり入院ですか…。影山がまだ暗躍してますな…。

しかし風丸、すっかり陸上部からの助っ人だって事忘れてたよ!馴染みすぎてたし!
つか、陸上部の後輩とのやり取りが、また腐の方々を喜ばせそうな…w

全国大会になり、解説者があの四角い顔の実父に代わるとはw これはやられたww
なんて暑苦しい親子だww
つか、世宇子(ゼウス)中学ってすごい名前だなw




●Web拍手コメントのお返事〜ヽ(´―`)ノわっふぅ!クロノアリメイクやりたいなぁ。

8日
>あけましておめでとうございます! / SAKI
SAKIさんおめでとうございま〜すヽ(゚∀゚)ノ いつもコメントありがとうございます。
今年もSAKIさんにとってもいい歳でありますように!

15日
>超可愛い
おわ、お褒めの言葉、ありがとうございます〜。ヽ(゚∀゚)ノ

2009年01月07日(水)  新年初フライト。
090107.jpg 500×750 130K
え〜、つーわけでですね。
新年第一回の更新でございます。ぎりぎり松の内に間に合った…(´A`)
なんかこういうときに限って閲覧数が多くて、来ていただいたみなさんには申し訳ないです。
あと、年明け前後くらいの40万Hitもありがとうございます。予告したとおりまったくなにも準備してませんが(´・ω・`)>

一応前回の日記で予告しておいた通り、三が日はほとんど休むまもなく出かけてました。
正確には31日からですが。そんで4〜5日は疲れが出てほとんど何も出来んでした。
やっとゆっくりできると思ったら昨日6日は臨時召集がかかり、ようやく今日7日ですよ('A`;)
今年の正月はハードだったなぁ…。

で、なんでいきなりスト魔女かと申しますと、正月忙しかったといっても寝る間際の数時間くらいは
なんとか自分の時間はあったもんで、でも絵をかいたり他の事したりするほど精神的にも肉体的にも
余裕が無かったもんで、たまってた録画番組を片付けよう…と思いまして、ちょうど冬コミでゲットした
正道さんの同人誌を読む前に、一度キチンと見ておきたかった『スト魔女』を消化してたわけです。

で、結果、大ハマリしましたヽ(゚∀゚;)ノ
つか、一日2〜3本づつ見て4〜5日くらいで見終わろうと思ってたのに、2日で見終わってしまいました。
当然睡眠時間を削ってね…。このときちゃんと寝ておけば、三が日もうちょっと楽だったのに…w
実は放送時に第一話見て、ビジュアルのハードルの高さにひいてそれっきりになってたんですが、
噂どおり「それ」を乗り越えるとすごく面白くなりますね。

時期的にいまさらなんで、長々と感想書いても読んでる方もアレでしょうが、いや堪能しました。
動画としてもクオリティ高いですし、ウィッチーズの女の子達もそれぞれ可愛いですしね(´ω`)
そして限られた話数の中で、すごくシリーズ構成が練りこまれてるなあと感じました。
これだけ大人数でありながら、それぞれの見せ場的エピソードがあるのもすばらしい。
「パンツじゃない」という部分に慣れないと話に入り込めないのに、それになれた頃にあえてパンツネタをやったり、
そういうもっていき方もうまいですよね。
個人的には芳佳ちゃんが大マジな顔で「坂本さん!スースーします!」って言うところが大好きですw

つか、これもいまさらの話ですが、主演の福圓美里といい、沢城みゆき・斎藤千和など私好みの声優さんも
たくさん出てたんだなぁ。オンエア時にキチンと見ておけばよかったなぁ…。
とか言いつつも、出遅れ組みならではの楽しみ方もけっこうありますので、今はwikiやまとめサイトを見て
裏話や元ネタ(さすがにミリオタ向けでもあるだけあって、史実ネタが多い多いw)を探して回ってますw
情報量が多いので、まだしばらく楽しめそうです(´∀`)

ちなみにお気に入りのキャラは坂本少佐です。
ボーイッシュと言うよりは中身おっさんキャラですがw そのギャップがいいw

そんなわけで、出遅れで恥ずかしながら、スト魔女イラストで年始を飾らせていただきました。
ことしもよろしくお願いします!!



まあ忙しいだの疲れただの言ってるくせに、日曜日の朝は恒例の絵チャに参加してたわけですが。
今回は十べえさんと二人っきりだったのでいろいろ話せて楽しかった。(´ω`)
十べえさんに「いまさら『スト魔女』見てます」と言ったら、「またそんな脂っこいものを」と言われましたw
たしかにいいえて妙ですねw

つか、この絵にもすでに、スト魔女にはまった形跡が垣間見えてますねw

しかしボーイッシュキャラがいなくなっちゃうのは寂しいなぁ…(朝アニメ限定の話ですが)。
来期のプリキュアのキャラだと、仮に途中で新キャラが増えるにしたってボーイッシュは難しそうだしなぁ…。
pixivで「『チルドレン』の薫がいるじゃないですか!」と指摘されましたが、薫はボーイッシュとはまた違うような
気がするんですよねぇ…。中身おっさんだし。しかも「チルドレン」も春で終わるみたいだし。
マイメロが元のキャラに戻らないかなぁ…。真菜ちゃんカムバック!





●今週のアニメ。

今年は年末年始のわりには完全に日曜アニメがつぶれることがなかったので、例年のような寂しさはなかったなぁ。
まあ、寂しがってるヒマもあんましなかったですけどね('A`)
ちなみに正月はアニメ以外にも、お笑いファンとしてチェックしたい番組が多いのですが、そっちも全然消化できて
ませんよう('A`)

◆今週のプリ555。
まずはこまちさんの相変わらずの羊羹夫妻っぷりに噴いたw
そしてのぞみのダイビング鉄山靠にまた噴いたww
いつまでもこういうのんきなナッツハウスを見ていたかったですが、もうすぐお別れですねぇ。さみしい。
こころなしかアクションもいつもよりも気合が入ってるように見えました。絵はちょっとクセがありましたが。

アナ子さんがなんか腹に一物ありそうなのが気になるところですね。なんかまた館長は悪くなくて、アナ子さん一人
悪役にしてめでたしめでたしになりそうなのが…。
そしてアナ子さんの暗躍に、ムカ男さん死亡。イケメンあわれ。

そして来週はとうとう扉が開くのね…。まあロマンティック。


◆今週のイナズマイレブン。
イナズマは年末年始休まないなぁ。うれしいけど、スタッフ大丈夫?

ところでとうとう出てきましたね、伝説のイレブン。こういう「昔すごいヤツらがいた」ってパターンはけっこう
好きなので、個人的には旧イレブンとのからみを2〜3週くらいかけてやって欲しいくらいですが、
おっさんの話ばかりだとメイン視聴者である子供が飽きちゃうでしょうから、今回くらいがちょうどいいのかな。
必殺技の伝授がもう少したくさんあるかとは思ったんですが、これもいっぺんにやっちゃうとあとあと面白く
ないでしょうしねぇ。
でもなんか物足りなさが合ったなぁ。あくまで個人的に。

鬼道のお父ちゃん、いい奴じゃないか。


◆今週のチルドレン。
そーしゅーへーん。


◆今週のサンレッド。
前々からなんとなく「そうじゃないかな?」と思ってたことが、実際そうだったのでうれしかったです。
いや、実はフロシャイムが弱いんじゃなくて、レッドさんが強すぎるだけなんじゃないかなぁと。
でもそんなに強いのなら、レッドさんなんでヒモなんてやってるんだろうw

しかし、いつもいい人なバンプ様がめずらしく拗ねてるのが可愛かったですねw



◆まりあ・ほりっく(新番組)
何らかの理由で女装してる男に、周りの人物が振り回されるつーのはもはや古典の領域で、いままで何度も
使われたパターンなんですが、それでも最後まで見られたのはやはりシャフトの底力でしょうか。
手を変え品を変え、とにかく画面を開きさせません。
いろいろ思うところもありますが、スタッフの信用買いで、しばらく視聴続行。
しかし寮母さん可愛いな。なでなでしたい。



その他にも新番組は何本か録ったのですが、視聴が追いつきません('A`) 感想は次の更新で。

あと最近はNHKでやってる『やさいのようせい』を好きで見てます。可愛すぎる(´ω`)
天野喜孝原作ってことで実にらしい絵柄なんですが、絵本が動いてるようで見ていて楽しいです。
これが3Dアニメだと知ったときは驚きました。
これといい『ウサビッチ』といい、こういう3D3Dしてない自然な3D作品が増ええてくれると、それはそれで
楽しいですね。



●Web拍手コメントのお返事〜ヽ(´―`)ノ そういや拍手絵全然更新してなくてすみません(´・ω・`;)

12月31日
>よいお年Wow
ありがとうございます〜。本年もよろしくお願いします。

1月1日
>あけましておめでとうございます。今年も楽しませて貰います。もきちさんにとっても良い年でありますように
>400002でした
ご丁寧なご挨拶、ありがとうございます。今年もなんかゆるゆると更新できたらいいなぁと思っております。
お付き合いいただけたらうれしいです(´ω`)
しかし400002でしたか。かなり惜しい。キリ番の宣言がなかったので、なにかリクとかあったら受けましょうか?

1月6日
>・・・・・
Σ('A`)更新滞ってたんで怒ってらっしゃるのかしら?すみませんねぇ。こっちも限界でしたので。

過去ログ 2005年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
DiaryCGI nicky!
Skin zero