++ もち日記 ++


この日記の文章・イラストの無断転載・二次使用はご遠慮ください。

drawr放置中。
HOME最新の日記へタイトル一覧検索
過去ログ 2005年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 

2009年04月28日(火)  第十一幕・三巴大騒動
090427.jpg 400×645 83K
スーツアクターなのに、あのおろおろっぷりに萌えてしまった…。

今週は特に特撮班が熱かったですねぇ。
なにこのスーパー靖子たんタイム。幸せすぎるじゃないか!





●先週の日記で、
「草メンバーの話題がでかくて何か書こうとしてた事があったけど忘れちゃった」と書きましたが、思い出した。
『さよなら絶望先生』第三期決定〜ヽ( ´ー`)ノ …って、さすがに一週間前の話題は鮮度がねぇ…orz

まあ気を直して、相変わらずいつものシャフト-新房監督の制作だし、質的には不安はないですね。
内容は2期と同じならほぼ原作順守なのでしょうから、あとは「どの話がチョイスされるか」。
でもなにげに一番楽しみなのは、OP&OPアニメだったりします。毎回いい意味で驚かせてくれるからなぁ(´ω`)

新房監督といえば、今放送中の『夏のあらし!』も、感想は書かないまでも一応見てます。
もうとっくに有志の間でOPの分析がほぼ済んでるみたいですが、相変わらず元ネタ探し泣かせみたいですねw
歌ってるバンドは存じませんでしたが、たまごまごさんのところの記事を見ると、なんというか濃ゆい方々みたいですねぇ。





●今週のアニメさん。


◆今週のクレしん。
動物ものいいなぁ。風間君の「見下ろし」ネタがしつこくてわらたw
映画のほうも楽しみだなぁ。って、もうはじまってたのか!気付かなかったw
もともとケモ属性のある私としては、どうしても豹化したみさえさんがエロく見えて仕方がない(*´Д`*) '`ァ,、ァ


◆今週のマジンガ。
う〜ん、4話目にしてまだいまいちカタルシスを得られないって部分で、スーパーロボットものとして喰い足りない。
だいたいにしてまだ、マジンガーがどれだけ強いかって部分がきっちり描かれて無いので、
「そんな強いマジンガーがピンチだ!」
って風にならないんだよなぁ。
まあ、操縦者が素人だからってのはわかるんだけど、少なくとも原作のマジンガーの最初は「操縦方法がわからない
からデタラメに動いてしまってるが、ものすごいパワーがあることはわかる」って描き方だったからなぁ…。

つか、そもそも4話目にして、まだ主人公の見せ場らしい見せ場がないのもどうよ。

甲児よりもじいちゃんのキャラが立ちすぎてるし、甲児はただ堪えてるだけだしなぁ。
今回一番良かった場面も、じいちゃんを乗せたロケットパンチだし…。

来週は期待していいですか?



◆今週のシンケンジャ。
今週はどシリアスでしたねぇ。先代志波当主の映像とか、熱すぎですよ。
チャンバラシーンも激熱だし。二刀流とか超燃えますがな。三つ巴決戦もかっこよかった〜。
でもその際に殿がことはたんの手をちょっと踏んでて、ピクっとなることはたんがかわいそうでかわいかった。
今回は無尽蔵に増えるナナシ連中とか、火薬やCGの豪華さとか、いろいろ贅沢でした。
やっぱ「シンケン」の魅力はキャラの良さと同時に、殺陣を楽しめることだよなぁ。

で、いままで「殿だから」「そう親に教えられてきたから」とは違う、明確な「志波家に仕える理由」が出てきましたね。
ドウコクを封印できるのは志波家の血筋だけなんですね。そりゃ深刻だわ。
でも4人はそういう理由とは別に、殿の志についていく感じにしておいて欲しいなぁ。

あと、今回の萌えポイントは、上の絵にも描いたようにおろおろすることはたんですね。
ほかにも殿を守ろうとする青・黄や、逆にその二人をかばう殿とか(´ω`)


◆今週のでけいど。
もう、どっから突っ込んでよいやらwww ニヤニヤが止まらないwww
現在進行形の映画との兼ね合いもあってか、電王は他のライダーよりもいろいろと恵まれてる気がするなぁw

なにより、4人のイマジンが普通に同じ声優さんだってだけでも、電王好きにはたまらんかったですよ。
しかもタクミやユウスケだけじゃなく、夏美さんにも取り付いてくれるとは!w
女版ウラタロスやキンタロスかわいい!泣けるわよ! リュウタロスは…、昔の篠原ともえ思い出した。
戦ってる最中のどすこい夏美さん噴いたwww 女優生命の危機かもw

そして!ひさびさのデンライナー!なんかただいまーって感じ!
ナオミちゃんだ!オーナーだ!コハナちゃん…は一瞬でよく確認できなかったけど、同じ子役さんかな?
予告の画像だとなんか違う子っぽいけど。
でもなによりオシリーナ好きとしては、ナオミちゃんとの再会がうれしすぎますヽ( ´ー`)ノ
やっぱ映画の関係もあるんだろうなぁ。ここまで旧キャストがちゃんと使われてるの。


◆今週のフレプリ。
まさに「ぷりっぷ〜」w
医療プレーイとはまた特殊な皆さんへのごほうびですねw ほんとうにあ(ry
しかし、動物や赤ん坊の病気ではわりと早い段階で疑うべきだと思うんですが、便秘。
いくら毛皮でモコモコしてるからって、触診して便秘がわからないって…。
ブッキーなんつーか、素人以下のような…。まあ、それはいいか。

新バンクはアイテムにCG使うのやめたのね。やっぱこっちのほうがかっこいいわ(´ω`)

ふしちょー!って叫ぶ不死鳥始めてみたなぁ。ポケモンシステムですね。


◆今週のジュエルペット。
や〜っと竹内キャラキタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!
とおもったら、またマヌケな敵役&貧乏内職キャラかよ!ww
つか、この力関係はドロンボー(というよりオジャママン…古っ)ですな。
でもいまのところイマイチキャラ(というかチーム)の面白みには欠けるなぁ(´・ω・`)


◆今週の鋼レン。
う〜ん、このエピソードは原作読んだ時もキツかったので、見てて辛いなぁ…。


◆今週のマリガリ。
今週もダメだった…(´・ω・`) なんか楽しめないなぁ。期待しすぎたかなぁ?






●Web拍手コメントのお返事〜ヽ( ´ー`)ノ

25日
>電王の世界たのしみですね! / SAKI
いやあ、実際見てみたら期待以上だったので、うれしすぎて転がってましたヽ(゚∀゚)ノ

26日
>デケイド、乗車して合流。考えつかなかったバカ、俺のバカ。出会えないんじゃないの?って心配する俺のバカ
>キンタロスに憑かれた時のつかさも夏海もかっこよかったです。2話だけで次に行って欲しくないです。
なんにせよ、ひさびさにデンライナーの仲間に会えてうれしすぎましたよね(´ω`)
やっぱキンちゃんはいいですねぇ。「泣けるわよ!」w

2009年04月24日(金)  第十幕・大天空合体。
090422.jpg 600×450 87K
「もう、あのネズミにかじられた両耳とか、他の同期より性能が弱いところとか、
 ギュッとしてあげなければ気がすまない!あと青いし。」
茉子姐さんのギュッと病再発w





●ドロッセルお嬢様のフィグマ、Amazon予約始まった〜ヽ(゚∀゚)ノ

Figma ファイアボール ドロッセル(Amazon)
前にユージンのガシャの話が途中で立ち消えてしまったので、今回もそうなるんじゃないかと内心ヒヤヒヤしてましたが、
ここまできたらもう間違いないでしょうねぇ(´ω`)ほくほく
もう今から遊ぶ用ととっとく用に2つ買うことが決定しております(`・ω・´)b

飛行ユニットやおしゃれユニットがちゃんと付いているあたりがポイント高いよなぁ。
今からワクテカが止まりません(*゚∀゚)=3

『ファイアボール』見たことない人は、ゼヒ見てくださいよ。
1話約2分弱なので、全話(1クール)見ても30分かからないしw





●今週は他にも書きたいことがあった気がするんですが、なんか草メンバーの話で全部どっか逝ってしまったw
強烈すぎだよメンバー。

すでにあちこちでねたにされてますが、私も『東のエデン』の主人公を思い出しましたw
感想のところでも書きますが、なんという未来予知アニメw





●今週のアニメさん。

◆今週(つか先週)のマジンガー。
う〜む、今川監督ってことでついつい『ジャイアントロボ』見たいなのを期待してしまうせいか、なんか物足りない。
Gロボでかっこよく決まってたけれん味みたいなのが、今回は空回りしてるって感じでしょうか?とにかくリズムが悪い。
たとえばナレーションの「これが!」がちょっとくどすぎるとか。

まあ、予算も時間もふんだんにかけたOVA『Gロボ』と、深夜テレビアニメを比べちゃいかんとは思うんですが。

アシュラ男爵の無双っぷりは笑いましたw 素手でマジンガー殴ってるってどんだけよw


◆今週のヤッターマン。
新キャラが微妙すぎる…。つか、ドクボンだけじゃなかったのかよ…。
ヤッターマンはワンパターンだからこそいいのになぁ。まだ旧作みたいな敵味方のカラミとかもあまりやってないのに…。


◆今週のシンケンジャ。
茉子姐さんのギュッとしたい病健在で噴いたw ちょっとギャグに走りすぎだけど、まあこれもよしw

今週は千明の成長譚だったわけですが、他の4人と違い、今回の召集がかかるまで覚悟も修練もまったく無しだった
千明が落ちこぼれるのは、まあ自然すぎる展開ですね。
でもそれなりに発奮して努力してるのには感心。いきなり天才タイプだから追いつきましたって展開ならガッカリだし。
で、そこで単に努力すればいいという話ではなく、才能をどう伸ばすかって話になるのがいいよなぁ。
じいさまのライダーっぷりも拝めましたしw

今回の萌えポイントは、やっぱり獅子折紙ですよね!
殿とじゃれあう獅子折紙かわええ!アイボは興味なかったけど、これなら飼いたいなぁ(´∀`)
やっぱ虎折紙を選んだことといい、殿は猫科好きなのかしらw
あとは、ことはたんの顔の墨を拭き拭きもかわいかった(´ω`)


◆今週のデケイド。
結局昔のライダーに疎い私には、今回の話はよくわからんかったなぁ。
次回からは電王の世界だ!やっとわかる世界きた!ヽ( ´ー`)ノ
気になるのは、電王は映画版が控えている「今なお現役のライダー」だってことですね。
予告でチラッと見えた限りでは、役者さんは同じっぽかったけど…。


◆今週のフレプリ。
動物たちが幸せになるかつらなんてありません! 

まあそれはともかく。
今週はスタッフ遊びまくってるなぁw

ガイキング犬にキュアホワイトww ドリームとスーパーサイヤ人もいたなw
だが幼ラブさん、りんちゃんさんの髪型を不満と申すか!w

それから、前にこの日記で書いたと思いますが、ブッキーは変身前は地味な髪型の方がいいなぁと思ってたんですが…

こ れ だ ! 次回からもコレで言ってくださいヽ(゚∀゚)ノ
…まあ、地味すぎて小さなお友達からは不評でしょうけどw

しかし西くんはすっかりラビリンスのおちこぼれというか、脳みそ筋肉さん扱いですか…。
つか、この人悪者向いてないんじゃないか?w むしろ粗大ゴミの回収が板についてたんですがw
堅気に戻った方が幸せになれそうですよね。

あと、今回は作画の方のクセなんでしょうか、顔の崩し方がなんかおもろいです。結構私好みといいますか。


◆今週のはがれん。
あれ?このエピソードってこんなにあっさり終わったっけ?
それともシリーズ構成というか、尺の問題でカットされた?


◆今週のマリガリ。
う〜ん、今週はまったく面白くなかったなぁ…。
つか、やっぱ0話の印象が強すぎたせいか、そっちを望みすぎてるのかなぁ。なんかイマイチノリきれないような。
絵がすごく好みなだけに、残念なんですが…。

まあ、さる筋の情報で5話がなんかすごいらしいので、そこまでは見守ってみようと思います(´ω`)


◆今週のイナヅマ。
なんか水曜日に移ってリズムが崩れたせいか、先週感想書くの忘れてるなぁ…。
塔子たんかわええなぁ。しかしSPチームもなかなかおバカな必殺技のオンパレードでしたw
塔子たんの技が「ザ・タワー」なのに、別にタロットカード縛りってわけじゃないのね。
トカチェフボンバーってなんだよww もうどこがどうすごいのかもよくわかんねぇww

しかし、新展開からこちら、ず〜っと宇宙人にやられっぱなしで陰鬱な展開だったので、今回は久しぶりに
雷門イレブンらしい試合が見られて痛快でした。つか、普通にボールさばきとかのシーンも多くて、まるでサッカー
みたいでしたよw

次週予告、塔子たんもイナズマに入るのか!Σ(゚∀゚)


◆今週の東のエデン。
なんかじわじわときますね、このアニメ。
先週も似たようなこと書いた気がしますが、少しづつ状況がわかってくる感じがたまらんです。
しかしあのやさぐれ刑事さん、あっけなかったなぁ…。

どうでもいいけどこのアニメ、ミサイルうんぬんとかまっぱで警官に追われる男とか、未来予知もたいがいにしろw



◆今週のKおん。
いままではあんまり感じてなかったんですが、今週急に澪さんがかわいく思えました(´ω`)
やっぱ強気そうなおにゃのこが怖がりってのはツボです。しかも黒髪&前髪パッツンだし。





Web拍手コメントのお返事〜(`・ω・´)ノありがトゥース!

18日
>原作のアギトは、クウガの世界と同じ要素を持ってるんでそういったリンクがディケイドでは
>ああいう風に表現されたんでしょうねぇ。確かに、クウガとアギトを知らない人には分かりづらいかも…
>アギトは「未確認生命体4号が他の未確認生命体を滅ぼしたあとの話だけど、クウガの続編ではない」
>という、ある種クウガのパラレルワールド的な位置づけの作品なのです
うう、解説ありがとうございます。なんとなくうっすらわかったような気がします。
なるほど、だから同じ世界なのにいろいろと違った要素が出てきたんですねぇ。
できればもうちょっと本編の方で説明欲しかったですが、2話で表現するには尺が足りないんでしょうねぇ…。

2009年04月17日(金)  第九幕・虎反抗期。
090416.jpg 400×750 124K
今週もブルーが目立ってたなぁ。いろいろ美味しいなぁ流ノ介。




●ちと寂しい話。
私が昔からお世話になっていたお絵描き掲示板の一つ、「山本ルンルン絵チャ(旧マシュマロ通信絵チャ)」
先週お亡くなりになりました。
たしかあのレンタル掲示板は、半年だったかな?一定期間の書き込みがないと、自然に抹消されるはず…。
まあ、過疎って言う意味ではもうお役目を果たし終えたってことなんでしょうね…。
一番最後に絵を描いたのが私ってのも、今となってはいい思い出か。

でもあそこは本当に世話になりましたからねぇ…。感慨深いです。
このサイトにもいらしてくださったみなわさんチョンゲラさんanaさん正道さん、他にもうにさんなど、たくさんの
山ルン先生のファンに出会うことが出来たのは、あの板のおかげですし。
『マシュマロ通信』の単行本がでると興る祭りとか楽しかったなぁ。

現在連載中の漫画もあるのにあの寂れようは、やっぱり今の漫画(「いとしのフェルナンド」)とかは、マシュの
アニメから入った方々には受け入れられなかったのかしらん…。
まあ、たしかにマシュマロほどわかりやすい設定や萌えではないとは思いますが…。
そういう意味では『宇宙の白鳥』はもっと続けててほしかったなぁ…。アニメ化して欲しかった。

あと、最近のルンルン先生ご自身の路線変更もあるのかな?と最近は思います。
デビュー後しばらくの作品(『シトラス学園』に収録されてるもの)はどちらかというととんがってて万人受けでは
なかったと思いますが、『オリオン〜』『マシュマロ〜』『宇宙の〜』ときて、だんだんと一般よりになっていったと
感じられます。子供向けに描く様になったからでしょうか。
で、特に『マシュマロ』は時期からしてアニメ化を想定された連載だったのでしょうから、より一般受けを狙ったと
してもおかしくはないですよね。
この頃の山ルン先生の絵は、『シトラス』の頃に比べて目が大きく、体つきもふくよかになってます。

で、最近の絵の変化や『いとしのフェルナンド』の内容を見てると、なんだか山ルン先生が昔のスタイルに戻ろうと
しているような気がしてなりません。絵柄が変わりだした最初の頃は、単に好みが変わったかなにかで絵が変化した
だけだと思ってましたが、最近はひょっとしたらメジャー路線だった頃の絵はむしろ無理して描いてたのでは?と
思うようになりました。あくまで私個人の推論ですが。
なんか今の絵は、昔の絵柄の雰囲気で頭身や体型だけマシュマロなどの頃のバランスになったという印象が
私には感じられます。

たしかチョンゲラさんのレポートで、『宇宙の白鳥』の単行本化の際の描き足し・修正の比較がありましたが、
そのころすでに目とかが小さくなりかけてたのを、単行本化の際に大きく描きなおしてたりするんですよね。
今思うと、その頃はすでに自分の描きたい絵と求められてる絵との乖離が始まっていて、まだその頃は求められてる
絵に近づけようともがいてたんじゃないかと邪推したり。

絵だけじゃなく、話のスタイルや雰囲気も昔に帰ろうとしている気がします。
媒体が違うからという可能性もありますが、『まんがタイムラブリー』の山ルン先生は、どうもそんな感じがします。
現在進行中(待機中?)の「朝日小学生新聞」の方の連載はわかりませんが。

繰り返しますが、あくまで1ファンの推論にすぎませんが、マシュマロの頃は無理してたのかなぁと。

なんか長くなってしまいましたね。
上記のようなことは、ここ半年くらいずっと考えてきてたんですが、とくにぶつける場所もなく一人もんもんとしてました。
絵チャの終了をきっかけに、ちと考えをまとめてみたと言う感じです。

正直執筆ペースもかなり遅くなりました(というより、おそらくアニメの頃が異常だったのでしょう)し、作風もこのままだと
『マシュマロ』の頃についたファンの好みとはまた違った感じで落ち着きそうですが、私はほそぼそゆるゆるとファンで
いたいと思います。いまのところまだこの方のやることに興味を抱き続けております。
まあ、これからもあまりおおっぴらなファン活動とかはしないでしょうけど。
なんか仕切る人が出てきて、その人と仲良くないとやり辛いみたいですし。




●よそ様のサイトのフレプリネタ。
フレッシュプリキュア4人目のシルエットからキャラを予想
意外と早そうな新戦士参入。

3の倍数でアホになるブッキー

ブッキーかわいすぎる。そして愛されてるなぁ。





●Web拍手コメントのお返事〜ヽ( ´ー`)ノ
ちょっと長文になりそうなので、今回はアニメの話の前に、拍手コメントの話を先に取り上げます。

12日
>クレしん金ポコ、マタとぱふぱふしたい。何度目かの「オラ、野原しんのすけ5さい」に泣きそうになりました
あ、そういや『金ポコ』、DVD借りて見た時に感想描いたつもりだったけど、ミクシのレビューにしか載せてなかった…。
というわけで、私の『金ポコ』の感想を以下に掲載します。「泣きそうになった」という感想を下さった方には
大変申し訳ないんですが、私はこの作品をあまり高く評価してません。マタはかわいかったですけどね(´ω`)
(以下、ミクシに書いた『金ポコ』のレビュー)
☆☆
一言でいうと、ものすごく眠かったです。
ここ数年は、毎年映画の宣伝を見て期待しては裏切られるの繰り返しでしたが、今作は特に酷かったです。
いや、やりたいことはなんとなくわかるのですが、そのほぼすべてが空回りしてるといいますか…。
おそらくやりたかったのは原点回帰。『大人帝国』がヒットして「しまった」とき以来からインフレ&迷走している
映画『クレしん』を一度リセットしたかったんじゃないかなぁと。
(※念のために言っておきますが、私はいわゆるシリーズヒット作である『大人帝国』と『戦国』は、
「映画としては面白いと思うけど、クレヨンしんちゃんじゃないので好きじゃない」というスタンスです。)
おそらく本作を見て『ヘンダーランド』を思い出した人も多かったんじゃないかと。

で、なにがどうつまらなかったかですが。
私は子供向け映画に理屈を求めるほどヤボじゃないつもりですが、それでも「なぜ?」と思える唐突な設定が
山ほどでてきます。でも一番の問題は、いちいち「なぜ?」と思ったことが心の中でず〜っとモヤモヤ残る
くらい話に集中できないというか、話に惹きつけられない。魅力がない。
クレしん映画に求められるものは「おバカとアクション、そして隠し味に人情(家族愛)って感じでしょうから、
多少お話に難があっても演出的に惹きつけてくれればたいした問題じゃないんですけどね。
冒頭の竜が暴れ回るシーンとかはちょっと迫力があったんですが、それ以外のアクションシーンはアクション
的にもおバカ的にもいまいちで、どうも入り込めない。
特に空中戦のシーンは、あらためて「クレしん」の絵と3DCGは馴染まないなぁというしょんぼり感と、ほとんど
笑えるところがない(飛行機の穴から尻が見えるところくらい?)ガッカリ感の、2倍やるせない。
あとアクションシーンが全体的に、長くてくどい。
派手なアクションを盛り込みたかったのはわかりますが、もう少しその時間を状況説明や会話ギャグに
まわした方が、お話しに入りやすかったと思います。

そして一番気になったのは、キャラの扱いがすごくぞんざいだと言うところ。
私がクレしんアニメ(テレビにも映画にも)のよさと考えてるものの一つが、家族の何気ない会話に感じる
雰囲気なのですが、今作のみさえさんはほとんど条件反射のように、型にはまった怒りかたをするし、
ひろしもどうも上っ面の言葉しか感じられない。
これだと今までの映画にあったような、「そんな仲のいい家族が危機に陥って結束を固める」という部分が
説得力がなくなってしまってテンションが上がらんです。
しかも、一番肝心な今回のしんのすけのパートナーであるマタとの信頼関係を築く過程がほぼゼロなので、
プリリンに騙されてしんのすけがマタを封印してしまったことを酷く責めるシーンを見ても怒りしか湧いてこない。
しんのすけからみれば、マタもプリリン同様に「信用するに足りるものがなかった」のだから。

入り込めないのはキャラだけじゃなく、世界観もぞんざいだったからじゃないかなぁ。
ドン・クラーイという世界がどういうものかという表現がほとんどないので、なぜ白黒であり夜なのか、
なぜマタは道化師っぽい動きをするのか、なぜマタの父はカブトムシなのか、などなど、題材の統一感も
感じられず、上記のように退屈も相まって、変なところがひっかかって仕方がないし、どうも入り込めない。
『ヘンダーランド』の時のように「ここはこういう世界なの」って素直に納得できないといいますか。



そんなこんなで、ジェットコースター的なおバカムービーとしても、ハートウォーミングな人情ドラマとしても
ノルことができず、ひたすら退屈と戦うのみ。おそらくクレしん映画で初めて
「つまらなくてDVDを一時停止する」
ことをしました。

ただ、一つだけ評価できるのは、『大人帝国』以降延々と続いた、マニアックである意味複雑なノリをリセット
してくれたことかなぁ。
本作中でしんちゃんが自らを「5歳」だと連呼するシーンは、見方によっては今までの映画での
「どう考えても5歳児以上のスペックを発揮するしんちゃん」へのアンチテーゼにも見えなくもないです。
要するに、本作は評価できないけど、本作をきっかけに今後の作品がいい方向に進んでいくといいなぁと。
…結局誉めてないじゃん('A`)

次回作への架け橋という意味合いを込めて、星ひとつ追加。



16日
>シンケンは脚本が丁寧ですねぇ…電王と脚本の人が同じなんですが、いい仕事しますわ
あ、本当にそうですねぇ。「丁寧」という言葉が似合いますね。
キャラクターの造形がすごく丁寧で、それでいて上手くからんで動いてると感じます。
殿がいい面を持っているのに立場上もしくは性格から理解され辛いところで、ある意味盲目的に慕う流ノ介、
逆にゆとり(w)ゆえのひねりのなさで不満をぶつける千明と、ある意味一番世間ズレしていて、一人目ざとく
察する茉子、わかってはないが持ち前のやさしさと気配りで殿様を含む皆を心配することは。
そしてそれぞれに様々な過去を匂わせ、そして少しづつ関係がいい方向に変わっていく…。
よく出来た配陣だと思います。
ときに厳しく若者を見守るじいやや黒子集を含めて、いいメンバーですよねぇ。

小林靖子さんですよね。私も最近(といってもここ数年)意識するようになった名前です。
キチンと通してみたのは『電王』だけなんですが、他での評判などを聞いてもいい感じですね。
前にもここで書きましたが、シンケンジャーはひさびさハマった戦隊なので、最後まで楽しませていただきたいと
期待しております。






●今週のアニメ〜ヽ( ;´ー`)ノ たまりすぎ〜

◆東のエデン(新番組)
なにこのTINTINBURABURAアニメw
羽海野チカがキャラ原案ってことなのでそれっぽい話かと思ってみてたら、異様なちんちん率の高さに噴いたw
しかも男の乳首が色トレスだしw

いや、そういうイロモノ的な部分は置いておいて、いきなり記憶喪失でやばそうな過去の形跡と同じくやばそうな
組織の存在が垣間見えるミステリーものとして、ちょっと面白そう。
行きがかり上「滝沢朗」となる男の子の方が、与えられた限られた条件から状況を察知し、行動に移るまでの
時間がすごく短いことから、記憶を失ってはいるけどかなり頭の切れる人物見たいなので、この最悪といっていい
状況からいかに逃れるか、またどこへ向かうのかがすごく気になるようにさせてくれる、よく出来た第一話。

しかし、今回のラストを見て、つくづく北のミサイルが日本に落ちなくてよかったなぁと。
落ちてたらたぶん、この番組自粛になるわ(´A`)

それはそうと羽海野キャラはかわええのう(*´Д`*)


◆今週の東のエデン(第二話)。
だらだらしてるうちに一週間経ってしまったので、二話目の感想も。
あいかわらずこの、情報が小出しにされるもどかしさがたまらんですね。

咲ちゃんのこぼす、
「不謹慎だけど少しワクワクしてて、もっとすごいことが起こらないかなって思ってた」
というセリフが、妙に生々しいですね。
変わらない日常を生きる閉塞感ってのは、誰しも持ちうる感情だと思います。
これまた不謹慎ですが、私もこないだの北のミサイル騒ぎの時に、似たような感覚にとらわれました。
でも、この作品の「うかつな月曜日」ですが、ミサイルを撃ってきた国の候補に北が上がってなかったのは、
やっぱりそういう団体からの異様な抗議が容易に想像できるからなんでしょうね。ちょっと残念。

どうやら謎の組織がらみというか訳知りの刑事さん登場。いきなり胡散臭いわ、素行も悪いわ、ひと殺すわ。
なんか超常現象的な力かと思ったら、後ろでパトカーから撃ってたのか。すごい腕だな。
ということは、組織は警察にも力を及ぼせるってことで…。

滝沢くんの「義務」をもらってやるというセリフ、ようするに彼を殺して「義務(今のところ権利にしか見えないw)」を
奪い取るってことかしら。
のんきにタイタニックやってる主人公達との落差が笑えるw



◆今週のバスカッシュ!(第二話)
おお、まさか先週「いっちゃった」スタジアムの売り子さんがこんな風に復活するとは意外でした。
あのシーンはエロかった(先週の話だw)。



◆戦国BASARA(新番組)(1〜2話)
やっと1話から見られた('A`)
ぅうおやかたさまぁぁあああぁあああああ!!!
ゅきむるぁああああぁあああぁぁぁあああ!!!
ズバーン ドカーン

…以上、見た印象。
いや、ここまでバカ大爆発だといっそすがすがしいw お話の筋とかあまり関係なさそうだし。
これは見続けよう。 それにしても声優さんが大変そうですなww

原作のゲームの噂はいろいろ聞いてますし、薦められてちょっと惹かれたんですが、実際のところ原作のゲームは
このアニメと比べてどうなんだろう?いい意味で再現度高かったりしたらいいなぁ。



◆極上!!めちゃモテ委員長(新番組)(1〜2話)
チョンゲラさんにオススメ(?)されて、ようやく見ましたが…。
なんですか、この罰ゲームみたいなアニメwww

まあ、この際質が高いとはいえない人形劇みたいな3DCGのことはまだいいですけどねw わたしは苦手ですが。
やっぱテレビの予算で違和感のない「人間」を3DCGで表現するのは難しいんでしょうけどね。
むしろ要所要所で2Dアニメが入ってくることに違和感があったりw

それよりも内容がw もうどこから突っ込んでよいやらwww
なんか中二病の女子の頭の中を覗いてる感じというのが一番しっくりくるかも。
めちゃモテって言葉自体がもう死語っぽいのに、さらに委員長で、ケンカ番長だった過去があるなんてww
昔TTRPGの設定とかで、16歳で歴戦の勇者とか見て悶絶した記憶がありますが、それに迫るバカさww

主役がもうそこまで逝っちゃってるのに、対するプリンセス・ローズ・クラブでまた噴飯。もう助けてw

いやぁ、ひさびさにすごいもん見た。さすがにもう見ないかも知れないけど。
でも竹内順子のショートカットキャラが出てるんだよな…。そこだけ気になる(´-ω-`)それだけのために見るのもなー。

ところでwikiに書いてあった、
>2009年現在は同誌(ちゃお)における看板作品となっている。
ってマジですかw


◆今週のマジンガー(第二話)
やっぱり今週から話の最初から始めるんですね。普通にコレが第一話でよかったんじゃないかしらん?
じいちゃんがノリノリでいいですな。あとコウジのじじコンっぷりとか。
一応原作の最初の方は古本屋で読んだことあるんですが、やはり大胆にアレンジしてるみたいですね。
原作だとたしかコウジがいきなり乗るんですが、そこへ行くまでのやり取りをずいぶん膨らましてて、楽しい。
やっぱり動機付けは大事ですよね。



◆今週のヤッターマン。
う〜ん、なんか悪い方向に予想が当たりそうだなぁ。
ドクボンが出張る分、本来の主役(w)の三悪の出番が大幅に減少。
まあ、声優さんお三方も御高齢なので、以下仕方ない処置なのかも…。とくに八奈見さん77歳だしなぁ。
一番セリフがが多い上にハイテンションな役だから、辛そうだしなぁ…。

まあ、お涙頂戴話はオリジナル版でもたまにあるパターンなので、それはいいんですが。
でもまだドクボンのキャラも定着してない時点でこういうのやると、退屈な話になるなぁ。


◆今週のシンケン。
ヒトミダマの操りの術が流ちゃんだけにかかった時点で、その技の反し方がはっきりしてなかったんだから、
さらに何人か操ってみた方が…とかいうのはまあ野暮なツッコミですがw
敵に操られてしまった家臣に対してどう振舞うか。主君としての器量が試される一幕ですな。
やりようによっては流之介を傷つけてしまうばかりか、家臣たちの士気にも関わる事態。
今回もキャラを掘り下げるエピソード作りの巧に感心。

リーダーにもいろんなタイプがいるんでしょうけど、丈瑠は言葉でひきつけるタイプではなく、あくまで行動で示す
タイプなんでしょうね。まあそういう姿が不器用といえば不器用に見えますけど。

そして、競技としての剣と実戦をきちんと区別して描いているのが興味深い。
まあ、簡単に言えば、ルール上の武術に長けていることと、アドリブ必至なケンカが上手いのは違うって事なんでしょうけど。
今までのエピソードでも、家臣たちと違って丈瑠がすでにいくつもの実戦をこなしてきてるという描写はありましたが、
今回は特にそれを前面に出して描いていますね。
今後の話への前フリなのか、単に丈瑠を掘り下げるためだけのエピソードなのか、気になるところです。

ところで、ドリルモチーフの虎(メカ&キャラ)というのはさすがに始めてみたなぁw
一見かっこいいようで、やっぱかっこ悪いのがイカスw


◆今週のディケイド。
いきなり総集編が始まったと思ってビックリしたw
しかし、今週の話はもう以前のライダー見てないと解らんレベルなんじゃないの?私は置いてきぼりでした('A`)
まあ、姐さん萌えのユウスケは見ててほほえましいし、それなりに楽しめてはいるんですけど。
今頃気付きましたが、ユウスケは井上マーにちょっと似てる。

でも2週おきに舞台が変わるシステムは飽きは来ないけど、思い入れとかもし辛いんだよなぁ…。


◆今週のフレプリ。
う〜ん、ここ数回の盛り上がりから、いっきにトーンダウンした感じだなぁ(´・ω・`)
まあ先週は飛び道具でしたけどw


◆今週の鋼。
あ、ここから過去話に戻るわけね。動画で見るとよりいっそうきついなぁ、このシーン。
お母さんもどきの物体がはっきり描かれてないのが救いだけど。


◆今週のジュエルペット。
プリキュア5終了とともにニチアサから消滅したボーイッシュキャラの復活かと思いましたが…。
う〜ん、なんか違うんだよなぁ。ボーイッシュ好きとして、なにかときめかない。
つか、あんだけ先輩ラブで少女キャラ前押ししてるのに、ファンシーなお部屋を隠してるのが意味解らん。
部屋の件で言えば、別にりんこの前だけオトメキャラ解禁してるって分けでもなさそうだし…。

あと、声優さんがヘタすぎ…と思ったら、やっぱ本職じゃないのね。
でも主人公のりんこもモー娘なのに、それなりにがんばってるのに、あまりに棒すぎる…。
もうアニメのメインキャラに素人使うのやめようよ〜(;´д⊂)
やはりこの番組に、真菜ぴょんの後釜を期待するのが間違ってましたか…(´-ω-`)

内容的にも今のところ琴線に触れる部分がないし、見続けるかどうか微妙だなぁ。
まあ、まだ竹内さんとか、好きな声優さんが出揃ってないので、もう少し様子見ですが。

…つか、宮本先輩、最低すぎませんかw


◆今週のマリガリ。
いままでガリレオが町一番の「へんなおじさん」で、マリーはその変なおじさんに付きまとわれてると思ってましたが、
今週見て意外とガリレオはこの町でも稀有な常識人なんじゃないかと思えてきました。
少なくとも今週に限っては、マリーやニュートンよりも普通のおっさんでしたねw
逆にニュートンがかなり変でいい感じでした。たしかに見た目は美形なのになぁw
マリーも今まではすました感じでしたが、恋愛がからむとゆるいのねw つかドレミちゃんじゃんw ぷっぷのぷー。

これからもいろいろクセのあるキャラが出てきそうで楽しみだ。5分はみじか過ぎるねぇ。
品川の出番削って10分アニメにしてください。


◆バカリズムマン対怪人ボーズ(新番組)

とうとうバカリズムの冠番組が始まったか〜と、お笑いファンとして楽しみにしてましたが、まさか70年代ヒーローの
パロディだったとはw つか、まんまキカイダーでしょこれw
アイキャッチの絵といい、石ノ森プロの許可は取ったんだろうか?w
わざわざ古いフィルム風にノイズを入れてたり、効果とかも全部昔風だったり、変に凝り過ぎw
さらに、まさか怪人ボーズが本当にすちゃぱーのBOSEw 何やってんスかw
実際この番組、見てるより撮影に参加してる方が楽しそうだなぁ…。

2009年04月09日(木)  第八幕・花嫁神隠
090409.jpg 400×500 76K
今回は茉子メイン回だと思って観てましたが、全部青が持ってっちゃいましたw  
ことはがいるはずもない場所にいますが、単に私が描きたかっただけなので気にしないでください。




●最近見ておもしろかった動画。
誰も得しない伯方さんremixをアニメっぽく

( ゚∀゚)o彡゚はっしたっない!はっしたっない!

いやぁ、ひさびさニコ動画で笑いました。まさか「博多の塩」が萌えキャラになってるとはw
なんといっても、この「見えそうで見えない」ところがたまらんですね!(*゚∀゚)=3
あと、この中毒性の高いリミックス音楽がw

でもこのキャラ、2ch発のキャラだったんですねw
伯方さんとは
なんでソンボレロとポンチョなんだろうと思ったら、博多の塩の原産地がメキシコだったという。
しかしなんで2chねらはこう、無駄な才能が秀でてるんだろう(誉め言葉)。





●今週のアニメさん。
新番組が多すぎて泣きそうです('A`) でもチェックせずに見逃して後で泣くのもきついので、録画だけはしてるけど
まだ見れてないのが多数。いつもながら、地方の方々には贅沢な悩みなんでしょうけどねぇ…。


◆けいおん!(新番組)
期待の(w)京アニ新作アニメですが、まあ普通。
4コマ漫画が原作ということなので、ゆるゆると楽しめそうですね。

この原作描いてるかきふらいさんは、昔「舞-HiME絵チャ」で何度かご一緒して、オフでも一度お会いしたことが
あるのですが、あまりの出世っぷりに噴いたw 先方はもう覚えてないんだろうなぁw
いただいた同人にサイン入れてもらえばよかったw


◆バスカッシュ!(新番組)
単なるおされアニメかと思ったら、なにげにノリも動きもなかなか。
ただここまで動きで見せてるんだから、過剰なおっぱいサービスは余計かなぁと思ったりも。
どうやらお話が転がり始まるのは次回からっぽいので、期待。
しかしいきなり主人公が逮捕されて一年後ってのはわらったw



◆真マジンガー 衝撃!Z編(新番組)
う〜ん、良くも悪くも今川作品って感じですかねぇ。
いきなりハッタリのオンパレードで、マジンガーをまったく知らない新規視聴者置いてきぼりどころか、ある程度
知ってる人もぶっちぎって行っちゃった感じですな。
察するに終盤のクライマックスをまず見せてから一話に戻るって感じかしら?
まあ、これも来週以降に期待。


◆今週のヤッターマン(時間移動)
旧作に思い入れがあると、新規要素はどうも違和感があるのは仕方がないですが、でもドクボンはどうだろう…。
いまのところ面白さに繋がる要素があるとは思えないなぁ…。まあ、絵的にはタツノコっぽいですが。
新メカのジンベイは、デザインは嫌いじゃないけど、コレが出ちゃうとヤッターキングが出られなくなっちゃうんじゃ
ないかという不安がありますが、そこのところどうなんでしょ?


◆今週のシンケンジャー。
まあ、上の絵のところでも書きましたが、茉子回かと思いきや美味しいところ全部流之介が持って行っちゃいましたねw
でも今回の茉子姐さんはカッコよろしい。予告にもあった「またお嫁に行きますが」に惚れる。
お話的にもいろいろ美味しくてよかったですよね。茉子ちゃんの白無垢をはじめ、見どころ満載で。
どんでん返しが見た目のインパクトも十分に強烈でしたし、言うことなしw

しかし、「影」で分身を作れるとは、便利すぎるなぁモジカラ。もはや藤子Fの世界に突入してるw
今のところどこまでが可能でどこまでが不可能化がよくわからないですが。
その人の持つモジカラの強さに比例して…ってとこですかねぇ?

今回の薄皮太夫も艶っぽっくていいですねぇ。「をんな」なんだなぁと。

まあ、ことはたん贔屓の私としては、女装流之介にうれしそうに寄り添うことはたんとか、ラストでケーキをねだる
ことはたんがかわいくてハアハアでしたが。


◆今週のディケイド。
今回はディエンド君の神の跳ねが気になって仕方なかった。


◆今週のフレプリ。
入れ替わりネタはやっぱ美味しいよね。ブッキーってところがまたいい。そしてエロい。
いろいろエロい妄想が止まりませんが、いまいちネタがまとまらなかったので今回は描きませんでしたが('A`)
そのうちブッキーちゃんと描こう。


◆ドラゴンボール改(新番組)
OPとEDとごはんですよが見どころですね、わかります。
正直DBはZ以前の方が好きなので、Zからってのが残念ですが、逆に言うとZの途中からほとんど観てなかったので、
いい感じにダイジェスト版でおさらいができると考えれば、まあお徳かなぁ。

それでも鬼太郎を終わらせてまでやる必要は感じませんけど。


◆ジュエルペット(新番組)
う〜ん、普通に女の子向けアニメだ。初期マイメロにあったケレン味もカオスもない。
いや、それこそ普通でいいんですが。というかマイメロが異常だったんですがw

それでも、この会社が作る以上、「なにか」に期待してしまう…。ので、しばらく様子見。


◆鋼の錬金術師(新番組)
実は前のアニメも映画も見てないんですよ、私。原作を10巻くらいまで読んだかな?
貸してくれてた友達となかなか会えなくなって以来読んでないんですが。
だもんで、ある程度の知識はあるけど、新鮮に見られるかなぁと思いましたが…。

いきなり激しい第一話ですなw 予備知識ないとなにが起こってるかわからないんじゃないかしら?これ。
まあ、前作のアニメはヒット作なんで、知ってること前提なんでしょうが、だったらなぜ完全新作なんだろう…?
よくわかんないなぁ。作り直さなきゃいかんほど、前作は酷くないんでしょうに。
でもまぁ、もともと原作は好きだし、作画も動画も良好っぽいので楽しめそうです。
個人的に好きなアームストロング大佐もしょっぱなから大活躍でしたしw


◆こんにちはアン(新番組)
うわ〜、なんだかホッとするなぁ、この感じ。
萌えとか関係なく、非オタ的な素朴なアニメ。いい意味で懐かしい。
このまま変にとがったりせずに、地道に進んで欲しいなぁ。

なによりアンがかわいすぎます。もう頭で思ったことをまったくフィルターかけずに垂れ流しでしゃべくるアンが。
いるよなぁこういう子。実際に近くにいるとちょっとうざいところもあるんだろうけどw
今回はそのアンの実直さで問題解決する辺りがかなり楽しい。
しばらく観てみよう。


◆夏のあらし!(新番組)
基本的に新房信者な私ですが、それでもこれはちょっと…。
なにしろ絵柄が古すぎる。なんか観ててきつい…。
そして、主役(?)の男にまったく感情移入も出来ないし好感も持てないのも辛い…。

お話的には1話観ただけでどうこう言うのもアレですが、なんかタイムスリップが大安売りだなぁ。
まだ彼女たちがなぜこういう能力を持ちえたのかとか、謎の部分は次回以降に持ち越しなんでしょうが、それでも
普通に楽しくないし、キャラもいいなぁと思えないのが辛い…。
今回はパス…かな?一応来週も見てみよう。



◆咲-Saki-(新番組)
美少女たちが「ざわ」る話ですか。
家族マージャンで異様に実力をつけてしまった主人公って設定は面白いですが、高校にマージャン部があって、
なおかつ部員のほとんどが女子ってのはいくらなんでもw
まあ、そういうの気にしちゃいけないんでしょうねえw そんな事いったら「けいおん!」だって、軽音部の部員が
女の子だけってのもかな〜りレアですし。最初からガールズバンドを作ろうとしてたのなら別ですけどw

でも絵もかわいいし、女の子アニメでどこまで「ざわ」ることができるのか興味もあるので、もう少し観てみよう。



◆今週のマリガリ。
今回はキャラクター紹介編って感じですね。いろんな科学者が無茶なアレンジされててすげぇ楽しみ(´∀`)
キュリー婦人の蹴りの鋭さがイかス。
エジソンが店を開いてて、すごいどケチって設定なのは、エジソンの実業家としての側面のキャラ化でしょうか。


◆イナズマイレブン(SP)
うわ〜、予告見たときの思ったとおり、マジで「イナズマイレブンZ」でやんのw
まあ、ドーピングまでしてた相手に実力で勝っちゃうと、もう年上か宇宙人くらいしか相手がいないんだろうけどなぁw
もう予想がつかない。でもいつもどおり2週で勝っちゃったりしたら笑うけどw

でもやっぱ、OPは「タチアガリーヨ!」で行って欲しかったなぁ…。
あの曲は試合中に「さあこれから反撃だ!」って時に流れると燃えるんだよなぁ…。


◆リストランテ・パラディーソ(新番組)
原作のオノ・ナツメさんの漫画はわりと好きだったのですが、この作品の原作漫画は読んでないので、どんなもんか
なぁと思ってみてみましたが…。
これはなんというか、なんという逆ハーレムアニメww 執事喫茶に行きたがる女性にはたまらんだろうなぁw
でもこれはこれで面白そうなので、観続けようと思ったんですが、まさか第一週は2話連続だとは。2話録画失敗('A`)
いきなりしょぼーん(´・ω・`)






●Web拍手コメントのお返事〜ヽ( ´ー`)ノうはほう
4月3日
>デュエルとジュエルではだいぶ違いますよw。デュエルと聞くと燃えアニメみたいですw
素で間違えました('A`)ごめんね〜

>今週のフレプリは、アイドルでプリキュアのうららを見習うべき!と思ったりなんかして。美希はまだ全然…と
>いうわけで。TVに映るプリキュア…。おまけにプリキュアがピンチだって放送されるのはいいんでしょうかね
>w 全く秘密ぢゃないじゃん!と突っ込んではダメかな…。
逆に言うとうららは、よくプリキュア続けながら芸能活動続けられましたよねw
『フレッシュ』は今まで見たいに、人知れず戦ってるわけではなさそうなので、放送は仕方がないんでしょうねぇ。
『5』でもおおっぴらに戦ってる話が一話だけありましたけどw その辺の線引きはいい加減なんでしょうねぇw

ひとこと
  • んげ - 2009/04/11 05:59 
  • 「めちゃモテ委員長」見てないんですか!ダメですよ見ないと!見たらダメになりますよ!w
  • もきち(餅きん) - 2009/04/11 18:09 
  • 録画はしてあるんですが、見るのが追いつかないんですよ…。
    見たらダメになるんですかw それは楽しみ。


2009年04月02日(木)  第七幕・梶木一本釣。
090401.jpg 500×820 136K
青メイン回なのにあえて青を描かない、ソレが俺のジャスティス。
カジキシンケンオーの頭にぶっ挿したダイシンケン長刀モードを華麗によける殿(イメージ:グレンラガンの兄貴)と
いうのも思いついたんですが、絵的にわかり辛いので没にしましたw
しかし、このままではこのサイト、シンケンジャー絵専門になってしまうなぁ…。まあそれもよし。
それより最近モノクロ漫画ばっか描いてるから、色の塗り方忘れそうで怖いw



●今日は誕生日…
なので、昨日「明日は誕生日〜ヽ( ´ー`)ノ」とミクシに書いたら、見事に反応が無くて寂しかったですヽ(゚∀゚;)ノ
まあ、「エイプリルフール翌日が誕生日」は、私の持ちネタなのでいいんですけどねw




●ここ数日、サイトのカウンターがとんでもない回転をしてる。
…と思ったら、前回の絵「ルパンvs.コナン」がたまごまごさんのところで紹介していただいたんですね。
いつも見てます!光栄です!ヽ(゚∀゚;)ノ

いつも楽しく拝見しているサイトといいますか、「毎日寝る前に必ずチェックするサイト」の一つですので、そんなところで
紹介していただいて、うれしいやら恥ずかしいやら。
あと、他の大手さんに紹介されたときもそうだったんですが、喜ぶ以前にそうやって有名どころから飛んできて
いただいた方々にがっかりされるんじゃないかと、小心者の私なんかがガクブル((((゜д゜;))))してしまうんですよね。
まあ、あんまり事故卑下しても、せっかく紹介していただいた方々に失礼なので、程ほどにしときますがw

しかしたまごまごさんのところの影響力はすごいなぁ。ここ数日で普段の10日分くらいのカウントが…。

(´-`)。oO(しかし前に描いた「ドラえもん×時かけ」といい今回といい、時間かけてないネタ絵のほうが注目されるのは
      絵描きのはしくれとしては複雑ですね…w まあ、もちろんこっちはこっちでうれしいんですけどw)




●今週のアニメさん。

ぼちぼち新番組が始まってきましたが、一番楽しみにしてたのが『マリー&ガリー』
もともと公式サイトで絵を見たときに、これはツボに入りそうだと思ったんですが、五十鈴さんからの情報で
「第0話」が以前に放送されてたというのをお聞きして、見てみました。

科学アニメ…ですかw いい感じにゆるくていいなぁ。科学者の子孫たちに怒られないかしら?w
やっぱりなによりこの絵柄が好みです!なにかと3Dに移行しがちな昨今、ここまで(いい意味で)「描き崩した」感じの
絵柄に出会えると、それだけでニヤニヤしてしまいます。こういうのは3Dじゃ出来ないからね〜(´ω`)
しかも主役が千葉千恵巳さんとチョーさんじゃないですかw
前にも日記で書きましたように、私は現在BS Asahiで『おじゃ魔女ドレミ』を見てる最中なんで、旬もいいとこですよw
それにしても今年はチョーさん、よく見かけるなぁ…。『シンケンジャー』『キャシャーン』、そしてこれですか。
さとうげんさんが参加なさってるということですが、ソレらしいカットがありましたねw(アイキャッチっぽいやつとか)

で、今週放送した「第一話」ですが…。

「第0話」に比べると妙にドタバタしてるといいますか、良くも悪くも動きまくりです。
意表をつかれましたが、これはこれでいいかも。
絵柄に関しては「第0話」同様、いい味を出してます。コレだけでも毎回たのしく見れそう(´ω`)
キャラもかわいくてステキですが、背景美術さんのセンスがいいなぁ。

スタッフといえば、これは後で知りましたが、シリーズ構成が『おじゃ魔女』や『マイメロ』の山田隆司さんじゃないですか。
これはもう、期待するなというのがウソですよね(*^ー゚)b



さて、たった今名前が出た、『マイメロ』ですが…。
◆今週のマイメロきらら(最終回)。
終わっちゃいましたねぇ…。とうとう4年間かけたシリーズが…。
さすがに『きらら』は途中で見るのきつくなっちゃって、去年の暮れくらいから見てませんでしたが、さすがに最終回
ですので見てみました。そしたら…。

やってくれました。『きらら』は無印『マイメロ』より昔の話なのでもしやと思いましたが、ちゃんと無印の1話に繋がる
終わり方してました…。泣かせるねぇ、マイメロスタッフ…・゚・(ノ∀`;)・゚・
そもそも『きらら』も、いきなり某国まる投げフラッシュアニメで始まったり、おそらくそのためにリアル頭身キャラの排除
及びに現実世界ほぼ無しの限られた条件でなければ、もっとのびのびといろんなことが出来ただろうなぁと思うと
残念でなりませんが、まあいろいろと大人の事情もあったんでしょうし(というか、『すっきり』までのマイメロがいい意味でも
悪い意味でも自由すぎたのでしょうしw)、とにかくスタッフの皆様には4年間ありがとうございました&お疲れ様でした。
特に『無印』と『くるくるシャッフル』では本当に入れ込んで見させていただいたので、感無量です。

贅沢を言えば、再び真菜ちゃんの勇姿を拝みたかったなぁ…('A`)


来週からは同じ枠で『デュエルペット』という、やはりサンリオ系キャラのアニメが始まる見たいですねぇ。
公式サイトやウィキでも詳しいスタッフ情報が無いのですが、どうやら山田隆司さんはいないみたいですね…(´・ω・`)
キャラクターは同じ方みたいですけど。
声優的には宍戸留美・竹内順子・沢城みゆきと、私好みの方が多いので、そっちでワクテカして待つことにします(´ω`)


しかし、この枠も『マシュマロ通信』含めて5年の付き合いになるのか…。(しみじみ)


●今週のシンケンジャー。
青主役回…というか、毎回青目立ちすぎだろ!w
とはいえ、今までは完全にコメディリリーフだった龍之介初のシリアス回ですよねw

家に代々伝わる「お役目」が、単に社会やしがらみから与えられた「仕事」なのか、自分の信じた主君(上司)のため、
さらにはその理想のために果たすべき「使命」なのかという、現実問題としてもなかなか味わい深い話でありました。
この場合の「使命」は、
(1)使者として命ぜられた命令・任務。 「―を帯びる」 (2)与えられた重大な任務。天職。
の、(2)の方ですね。
私の好きな漫画『風雲児たち』の「命を精一杯使ってゆけ。それを「使命」というのだ。」というのを思い出しました。

今回は偶然龍ちゃんを助けることで、自分の「使命」を再燃させる渋い黒子さんが印象的でした。
いつもまるで敵の戦闘員のごとくあたりまえのようにわらわら集まって「侍」のために尽くす「黒子」たちにも、それぞれに
それなりの物語を背負ってるということを垣間見せてくれるこてとで、その存在自体を味わい深くしてくれるという意味で、
今回の話はシリーズの中でもいいスパイスになった(そして今後もなり続ける)と思います。

それはそうと、上の漫画でも描きましたが、女の子二人の髪型がかわいかったですね(´∀`)
そして龍ちゃんと黒子さんにほとんど持ってかれちゃいましたが、なにげに殿のポイントも急上昇です。
一人でがんばっちゃう反面、リーダーとしては不器用そうな殿が、不器用ながらもリーダーとしての器を見せ初めて
いる感じがうれしい一幕でした。
緑?今回タックルしただけでしょw ←ことはたんファン故、緑には厳しい

まあ、カジキシンケンオーのかっこわ(ry)はいまさら突っ込みませんがw
でも必殺技の「頭に剣さしてお辞儀」は…w


◆今週のディケイド。
ディエンドの顔が、バイクのエンジンのクーラーにしか見えなくて困りますw
しかしディエンドは、ディケイドみたいに変身するのではなく、召還獣みたいに呼び出せるんですね。
でも呼び出せるのはサブのライダーだけなんだろうなぁ…。
(´-`)。oO(でも斬鬼さんが召還獣みたいに使われるところはみたくないなぁ…)


◆今週のフレプリ。
なんか悪い意味で予想通りのお話でした(´・ω・`)
プリキュアとアイドルの両立が難しそうなことなんて前もってわかりそうなものですしねぇ。それを最終オーディション
直前で「偶然」映ったピンチの二人を見かけて心変わりって…。なんかいろいろと残念。
せっかく前回ピーチがパワーアップしたことも台無しになっちゃいましたし、シリーズ構成的にもどうかと。

しかし、カオルちゃんはどこまで知ってるのかっていうか、いったい何者だw
いまだかつて、ここまで変身ヒーローに首を突っ込んだ一般人はいなかったんじゃないかしら?w

それより今週の最大の見所は「次週予告」ですよね!w
ぶっきーどこまで美味しいんだww 入れ替わりネタは定番としても、珍獣と入れ替わるとはwww
いまから楽しみでワクテカが止まらない(´∀`)


◆今週のイナズマイレブン。
決勝戦にしては尺が短すぎないかな…と心配してましたが、見事に盛り上げてくれましたね(*゚∀゚)=3
キーパーが敵に背を向けるというのは、いくら超次元サッカーといえども度肝を抜かれましたが、今までさんざん
ひっぱった「魔人・ザ・ハンド」の謎としてはなかなかな展開でした。
土壇場でじいちゃんのグラブがヒントになるってのは熱いですよね!

しかし、どう見てもゼウス中、ドーピングだろ…。でも中学生サッカーにドーピング検査もなにもないか…。
つか、あの歳からあんなもの飲まされてるゼウス中のイレブンの将来が心配すぎる…。
てっきり「神のアクア」を飲むのを邪魔する展開かと思いきや、そのまんまドーピングイレブンを実力で破って
しまうなんて、今の雷門中無敵すぎるだろww

次回からゴールデン進出ですか〜。楽しみな反面不安でもありますねぇ。時間移動で雰囲気が変わっちゃう番組も
少なくないですから…。でもきっと楽しませてくれるに違いない(`・ω・´)b
ちと残念なのは、OPの歌がけっこう気に入ってたことなんですよね。CMなどを見るとどうやら変わるみたいですし…。
それから、フットボールフロンティアが終わったってことは、鬼道くんは下のチームに戻っちゃうんですかねぇ…。
せっかく雷門ユニフォーム色のマントも用意したってのにw


◆クッキンアイドル アイ!マイ!まいん(新番組)
『ミミカ』の後番組ですが、もうなんかいろんな意味でやりすぎですw 盛り込みすぎですw
コテコテすぎて胃もたれしそうです。でもそこが癖になりそう…w


◆毎日かあさん(新番組)
原作は好き、というか結構昔から西原理恵子の漫画は大好き。
そんな私が見ると、やっぱり「毒」が足りないなぁ…。
まあでも、ゴールデンでやるアニメで思いっきり「西原節」炸裂させるわけにも行かないんだろうし、こんなもんなんだろうなぁ…。
ほとんど「視点が娘から母親に移った『あたしンち』になってしまった…。『あたしンち』ほどのキレもないし。


◆RAIDEBACK(最終回)
最後まで楽しめましたが、少々不完全燃焼なところがないと言えばウソになりますね。
結局主人公の琳ちゃんは、大きな社会的事件とはほとんど関係のないところでず〜っと自分の踊りを探してたって
感じなのが、ある意味納得で、ある意味不満。
納得なのは、コレだけの大事件のケリをつけるような主人公じゃなかったって所。不満なのは、彼女は本当にこの物語の
主人公だったのか?って部分。
どうも彼女だけがこの硝煙クサい世界中で一人だけお花畑にいるような部分が最後までひっかかりましたが、それでも
最後まで見続けられるだけの魅力があったとは思います。まあ、面白かったです。





●Web拍手コメントのお返事〜ヽ( ´ー`)ノわっほう

30日
>ルパン×コナン、全然期待してなかったんですがよかったですよ。こんなシーンはありませんでしたが
なんかあちこちで「意外とよかった」「面白かった」という話を聞きますねぇ…。 なんか損した気分(´・ω・`)
でも私は『コナン』をほとんど知らないので、見てもわかんなかっただろうなぁ…。

31日
>サンレッドのバイクを買い取ったのはアントキラーさんですよ。23万の時の値札のカットをよく見てください
あ、ほんとだw たしかにあの影はアントキラーさんだw
[商談中]の札の[    様]の部分に名前が無かったので、てっきり買い手がわからないまま終わったのかと思っちゃい
ましたよw ご指摘ありがとうございました〜(´∀`)

話は変わりますが、前回の『サンレッド』総括感想でいい忘れましたが、ウサコッツ役の間宮くるみさんの声が大好き
なので、その部分でも楽しませていただきました(´∀`)
個人的には間宮さんといえばハム太郎より『はれぶた』のタマちゃん、そしてパイロット版バブルス。



※お詫び
この記事を投稿した時に、五十鈴さんの名前をうっかり呼び捨てにしてしまいました。
心よりお詫びして、訂正させていただきます。

過去ログ 2005年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 
DiaryCGI nicky!
Skin zero